Now loading...

【喜多川泰の一期一会 2018】 感想

2018/07/29 参加者の声

<高崎会場 2018年7月15日>

普段の生活で起こる事全てが自分にとって意味のある事だと考えると、その場の苦しいことも自分の為だと思える様になるなと感じた。生徒指導でも即効性を求めがちだが、10年、20年の長いスパンで考え、伝わる事だと言われてとても気持ちが楽になった。先生のお話は冗談を交えながらとても聞きやすかったです。車では緊張していましたが、自然と先生の話が入ってきました。

カズマさま 教員

 

今回初めて参加させて頂きました。喜多川先生がおっしゃっていた通り、直感で「行きたい」と思ってから参加するまで、また本日まで損得を考えてしまいました。それが誰でも共通することがあるという安心と、直感を一番大事にすべきという自信を頂きました。また、今、悩んでいること(主に仕事のこと)が多く、正直、苦しいな、しんどいな、投げ出したいと思う日もたくさんあります。しかし、今回の講演を通じて、今苦しんでいることは幸せの始まりの合図だと思えるようになりました。本日得るものが多く、来てよかったです。今後もくじけそうになったとき、本日のことを思い出します。貴重なお話をありがとうございました!!(高校生のとき、「心晴日和」に出会い、大変救われました。いい出会いでした。今後も宜しくお願いします。)

あかりんさま 会社員

 

本を読みなさいと小さい頃から言われていて、読んだほうが良いという事も分かっていましたが、何かと言い訳を自分の中でつくり避けてきていたのですが、約2年前、自分の姉から喜多川先生の本をすすめてもらい、本の素晴らしさ、物事の考え方が劇的に変わりました。教育関係の仕事をしていますが、喜多川先生の言葉をいつも使わせてもらっており、今日の話にもたくさん子ども達に伝えたい言葉がありましたので、話させて頂きたいと思います。本日はありがとうございました。

てっしーさま 会社員

 

今回初めて「一期一会」に参加させていただきました。お話を伺っている中で、母が私自身に事あるごとに言っていた「ご縁」という言葉を思いながら、先生の一つ一つの言葉を噛みしめながら、聞いていました。現在、高校の教員として、目の前にいる生徒にとって、大切な出会い(縁)になることが出来ているのか、を思い描いていました。(本当はそれ以上に、自分自身にとって生徒との出会いが自分自身をかえる力になっているんですが…)今日の話を心の糧に、一人の教師として、一人の父として、一人の大人として、エネルギッシュだった祖母に空から「頑張ってるな」言ってもらえるように一日一日を大切に生きていきたいなと思います。今日は元気をいただきありがとうございました。また、お会いする日を楽しみにしています。

らんどさま 公務員

 

私は尊敬する中学校時代の先生がおり、その先生も喜多川先生の講演会によく参加しています。今回はその先生に教えてもらい講演会に参加させて頂きました。自分自身、人生を変える勇気というものがあまりなく、いつもヘナヘナしてしまいます。今回の喜多川先生の話をきっかけに、自分にエネルギーを貯め、始まりの合図に耳を澄ましていこうと思いました。そして、喜多川先生も私の尊敬する先生も今日全く同じ言葉を聞き、鳥肌が立ちました。「出逢う人、一人でも多くの人を笑顔にしたい」私も、自分から笑顔を発信できる人になります。今日は本当にありがとうございました。

ゆうすけさま 放射線技師

 

先生の著書を拝見して、大きな学びがありました。ですが、実際にお会いして講座を受けることで、心への響き方が違いました。より強く感じました。またの機会に参加できたらと思います。

はるさま 学生

 

自分の人生の答え合わせ…という話を聴かせていただきながら、自分のこれまでの時間を振り返りました。「なんで、自分ばっかり」が始まりの合図だとわかった2年前から歩き始めている自分がいます。まだまだこれから。遠回りをしながらも、自分の人生をしっかり築いて行っている息子を誇らしく思いながら、私も新しい挑戦をしたいと、勇気を持つことが出来ました。素敵なひと時をありがとうございました。

ちょーこさま 保育士

 

初めて喜多川先生のイベントに参加させていただきました。出会いが人を変えて行く、変わり続けるために自分の心から決意することの大切さを改めて学びました。振り返ると誰かの「常識」であったり、恐怖や不安に押し流されていた日々を過ごしていたように感じます。まだ見つからない志を探すための出会いから始めていきます。「I met a boy~父の日にバンビ公園で」の作者、松尾さんと会えたことも嬉しかったです。

しょーへいさま コンサルタント

 

今日はありがとうございました。喜多川先生の生の声が聞けて嬉しかったです。勇気を出して、来て良かったです。死ぬまでに誰かにしてあげたいリスト…自分と向きかって考えてみます。これからの人生を誰かの喜びのため、誰かの笑顔のために生きてみようと思います。まずは。身近な家族から笑顔にしていこうと思います。

さんちゃんさま 事務職

 

仕事において、久しぶりに危機的な状況にあります。自分の人生において「何か始まりの合図」と捉えることが出来ました。今いる自分の場所を深く掘り下げ、1日1日区切って楽しんでいきたいと思います。ありがとうございました。

スターさま 会社員

 

実は、本は、手紙屋しか読んだことがなかったのですが、高崎で公演があることを知って申し込みました。リストの話が非常にゾッとして、自分が本当に目指すところが見えたことに気づきました。

夏休みさま 会社経営

 

本日は大変よい機会を下さって、ありがとうございました。喜多川先生の講演は、3回目となります。毎回刺激を与えられています。現在、中学3年生の生徒を担任しているので、卒業までに今日自分が学んだことを伝えていきたいと思います。お身体に気をつけて頑張ってください。ありがとうございました。

マリーのパパさま 教諭

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11