Now loading...

【喜多川泰の本◯塾 第1期】感想

2018/05/26 参加者の声

<本◯塾 第1回 東京会場 5月19日>

「本を読むことで『幸せ』の定義が変わることがある」「本は世界の常識からはみ出す勇気をくれる」等、読書の持つ効能について納得することができた。今日を契機に1日15分の読書の時間を確保していきたいと強く思った。また、読んだ内容、印象に残った言葉、アイデアを書いたり、書かなかったりがあったが、必ず書き留めて行こうと思い直した。

氏名さま 会社員

 

本を読むことで自分の生き方の方向を決めていけるようにという思いが強くなりました。何かわかりませんが、何かしてみようと強い思いが湧いて?来たかなと…とても楽しい時間を過ごせました。親学塾から今日までとても楽しみにしていたので今日参加出来て嬉しかったです。

kーgさま 会社員

 

今日もたくさんの気づきをいただきました。本を読むことが「常識のない人」を創るという発想は面白かったです。1日1%15分書くことを毎日の習慣にしていきます。(宿題だからということではなく、自分磨きのために)

まっさんさま 会社員

 

器を瞬時に空にできるというのは素直でいることも大切なのかなと感じました。母親の器を大きくすべく自己鍛練中ですが、素直な心で器を空にし、沢山のことを学び器を磨いていけるよう務めます。書くこと。何年も前に自分の可能性を信じ、夢を書き出していた頃のことを思い出しました。楽しくてアイデアが湧き出て来たのを覚えています。本を読んで書くこともしていましたが、「忙しさ」を理由に続かなくなってしまいました。私が書いたことが母から子ども達への贈り物になるかと思い、今日からまた書くことを始めたいです。本日はありがとうございました。

A.Oさま 主婦・会社員

 

今日も心に引っかかる素晴らしい話をありがとうございました。習慣の大切さを改めて気づかされたとともに、まだまだ自分の人生が楽しくなるような習慣が作れそうで嬉しくなって来ました。また次回も楽しみに、また自分自身の習慣を器が変わった状態で伺いたいと思います。

ひでさま 会社役員

 

14:00~でしたが、内容がとても濃く、深く、あっと言う間の時間でした。尊敬する人からいくつか教えてもらったその本の中にあった「賢者の書」「君と会えたから」その本が喜多川さんの本との出逢いでした。それから、それまであまり本を読む習慣が無かった私に、沢山の本当の出逢いがあり、喜多川さんのファンになりました。「自分らしく輝いて生きることで、成功する」そんなサポートを普段しています。講師やコンサルをしている立場をして、喜多川さんから学び、自分が関わる人たちの人生がより良くなるように伝えられることを学びたいと思い、参加させて頂きました。これから半年間よろしくお願い致します。

よーこさま コンサルタント業

 

本日は貴重なお時間をありがとうございました。何のために本を読むのか、ということを考えることができました。教員という立場として子どもたちに読書の大切さを伝えていきたいと思います。損得で判断する世界の常識を自分自身がはみ出してその姿で子供たちにかっこいい生き方を示すことができるよう頑張ります。

じゃりおさま 教員

 

素敵な時間をありがとうございました。器を瞬時に空にできているかわかりませんが、今後の自分の志のヒントとなりました。また、読書の習慣はあるものの、書き出す習慣がなく、読んだ本の内容を忘れ、冊数だけで読んだ気になっていることに気付くことができました。こらからはまずは半年間、15分/1日 想いを書き出す習慣を身につけていきます。

まゆりんちさま 自営業

 

楽しかったです。毎回の方向はブレない、お話し内容はブレないのに、例えかたや考えもしなかった見方に驚いて、はっとします。こんな風に考えればいい。こんな生き方がしたいと思えました。ありがとうございました。

洋子さま 販売

1 2 3 4