Now loading...

【喜多川泰の本◯塾 第1期】感想

2018/10/06 参加者の声

<本◯塾 第4回 東京会場 8月25日>

常識を変えることも、自分自身を変えることも、「出会い」によって、変わるということに大変驚きました。振り返ると、今持っている常識も自分自身も人との出会いで創られていることに気づくことができました。当たり前のように起こっている出会い。その一つの出来事で「今を」そして「未来」を大きく変えることができる。このことを常に考え、一歩踏み出す勇気を持って、日々、過ごしていこうと強く思いました。本◯塾での学び、そして新たな出会いに感謝いたします。本日もありがとうございました。

六角さま 会社員

 

思考癖を変えるとは、思い込みの枠を超えることかな?と思ったのですが、どうせ自分なんて、という自己受容、自己肯定も含んだ思考癖なのでしょうか? 日本の教育って窮屈だなって思ってたのですが、先生のお話を聞いて、日本のいい所、すごい所にも気づかせてもらえました。日本の社会資本ってすばらしいですよねー!! 日本人で良かった!って思えました。

A.Yさま 自営業

 

日々生きていると自分の中で芽生える本心と頭の中で考える常識や周りからの目を考えると「本心」が見え辛くなったり、迷うことが多い中で、本心を見つけようとするよりも、今目の前のことに没頭する中で、見えていくることもあると気付けました。

よーこさま コンサルタント業

 

本心は隠したがるもの。気づいても、ムリと諦めるもの。そういう人は多いし、僕自身もその一人でした。一歩踏み出す勇気、それをもらった一冊の本、その先にみた未来、歩んでいる今、原点の学びになりました。

たいっちゃんさま 人財育成業

 

初めての講演会のエピソード~初めの一歩があって今があるんだと胸が熱くなる気持ちになりました。行動を起こさなければ出会い得ない人がいる。短いスパンで判断しがちだが、恐れることはない。勇気をいっぱいもらいました。ありがとうございます。

T.Tさま キャリアカウンセラー

 

今回も分かりやすく、貴重なお話をありがとうございました。自由の翼の話は、ぜひ自分の子供にも伝えたい内容でした。自分もそうですが、どこに出さしても恥ずかしくないような行動ができるような人になりたいと思います。色々な人に出逢い、生き方の型を深めて生きたいです。

じゃりおさま 教諭

 

目の前にあることで、自分ができること=学級委員に応募ができたので良かったです。色んな人に出会って、自分の「型」を見つけたいと思いました。挑戦は出会いのためにあるというのが、今までになかった発想なので、色んな挑戦していきたいと思いました。

Y.Hさま 会社員

 

本日も貴重なお話ありがとうございました。いつも、前向きになれる考え方を学ばせて頂き、これからまた頑張ろう!と思えます。思考癖。この「本◯塾」を離れても、自分自身で、励まし、前を向いて進んでいけるような人になれるように日々、心がけていきたいと思います。自律します。次回も宜しくお願い致します。

OYさま 大学職員

 

1日先は97%、なんとなく分かるが、3%の違いを考えると、1年後、その先の未来は誰にも分からない。その未来に対する不安は誰もが持っているということに共感します。その未来の空白をワクワクで埋めるのと、不安で埋めるのでは大違い。不安で埋めると挑戦しにくくなる。ワクワク!良いイメージで埋めることの大切さを、尊敬する先生にはっきり教えていただいたので、安心して良いイメージで埋めます。

N.Hさま 発明家

 

難しい所もありましたが、じわじわーっと響いてきます。今日もありがとうございました。日本人で良かったなと思いました。次の世代にも受け継いでいける日本の良さをもっと知り(多分、海外の人から見えている方がよく分かっているのでしょうね。)誇りを持って伝えていきたいです。「アンテナ立てて、自分はこういうことをやりたいと一生懸命続けていけば必ず出会える。」勇気をもらいました。ありがとうございました。

りこちゃんさま フォトグラファー

このタイミングで、今日のお話を聞けて、ありがたいです。いつも思うことですが、ブレない先生の思いを分かりやすい角度で教えていただけて、そういう喜多川先生の姿、生き様が私の力となっています。ありがとうございます。

洋子さま 販売

 

今日も楽しくためになるお話をありがとうございます。第二講座「自由の翼」の所が少し難しかったので、機会があればもう少し、詳しく教えていただけたらと思います。今回、第4回は少し難しかったです。

け~ご!!さま 会社員

 

本日もありがとうございました。今日は子どもに対してのヒントが沢山ありました。長男は劣等感が強く、自分はバカだからと言う事も多く、新しい環境や物事が苦手です。反応も悪く常にスローペースです。喜多川先生から反応差で人生が変わると言うお話を伺っていたので、とても心配しております。私にはアメリカ流の教育「You can Do it」をもっと取り入れる必要があるのかもしれません。子どもには能力は関係ないんだよ。反応差で人生変わるんだよ。と言うことを伝え続けていきたいです。そして彼の思考癖を変えていければと思います。日本人がずっと昔から当たり前に生活の中でしてきた粋な振る舞いを教育(躾)の中で子どもに身につけられるよう、私自身も身を引き締めて日々を過ごして参りたいと思います。

A.Oさま 主婦・会社員

 

挑戦の考え方、離れた場所にあるのではなく、横にあったり、自分の周りに漂っているイメージで、心の動かし方ひとつで、挑戦することで、何でも良くて、ただやるだけな感じがします。

きんちゃんさん 会社員

 

今日の話も「出逢い」がテーマだったと思います。人生を変えるのはいつも出会いだなぁ、というのが最近の気付きです。「あなたと出逢えてよかった」と言われる人を育てるのが私の役目かなって思いました!

Y.Tさま 女性

 

今日もありがとうございました。自分の本心から出ていく行動、声を、「自分はダメだ…」と思った思考を止めていく。ダメだと思うループを外すきっかけになりました。魂が震えて行く感覚を感じ、改めてまた新しい自分で日々を迷って行こうと思います。(いくことができそうです。)

M.Sさま ヨガ講師

 

今日もいくつもの心に引っかかるお話を下さってありがとうございます。最近は部下もですか、就活する大学生などにも出逢うことが多いので、色々な若い人に価値観のひとつとして、何か引っかかってくれたらいいなと思います。

ひでさま 会社役員

 

本◯塾、参加者の皆様の感想をHomeページで読んで行くのが色々なヒントになって振り返り、気付き、かみしめております。ありがたいです。

はやてママさま 自営業手伝い

 

本日も貴重な気づきと学びをありがとうございます。即実践します。ありがとうございます。日本人の本当の力、素晴らしさを取り戻す為に少しでもキッカケを提供し続けていきます。ありがとうございます。

Nobuさま 会社経営

 

自分の思考癖を意識して考える良い機会になった。挑戦することを決めようとすると、それが「損得勘定から決めているのか」「理念としてどうなるのか」「本心でやりたいと思っているのか」等を考えて、結果として「熟慮は、尻込みの始まり」のようになってしまっている思考癖があることを再確認した。

T.Jさま 会社員

 

最後のお話いただいた「旗を立てる」というお話で「だから喜多川先生ともご縁をいただいたんだなぁ」と思いました。喜多川先生とのご縁のきっかけは、妻(その時は彼女)に『また必ず会おうと誰もが言った』を「あなたが言っていることや教育でやろうとしていることにピッタリだよ」と言われて渡されたことでした。出会うべくして出会うために、今後も自分の居場所で精一杯やります。

男性 教員

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9