Now loading...

【喜多川泰の本◯塾 第1期】感想

2018/10/06 参加者の声

<本◯塾 第1回 名古屋会場 5月26日>

やはり、やる気(心に灯をつける)になる。お話を聞いて、とにかく、どんどん行動をしたくなりました。続けることが大切なので、ノートに書いたことを見直して15分だけをかえ、良い習慣をつくっていこうと思います。

山本さま 教員

 

来て良かったなぁと思います。しびれるお話ばかりでした。喜多川さんの本が好きで、集まった人たちと同じような高い意識で学んでいる空間が味わえてすばらしい1日になりました。最後のブック・ルネサンス、本がいつまでも自分たちの人生を後押しして行く世の中を実現するために、帰路のバスの中も堂々と本を読んで帰ります。

Y.Sさま 教員(特別支援学校)

 

読書の習慣は喜多川先生のおかげで持つことができました。ただ、本当に右から左で…どうしたらいいものか。と思っていたところ、書くという作業について教えていただいたので、早速やってみます!行動はするのですが、心が伴っていないことが多いので、そこも考えてみたいと思います。来て良かったです。7月に新しいことをスタートさせます!自分の気持ちが下がらないよういと申し込みました!自分が損してでもやりたいことに出会っていこうと思います。

あんさま 会社員

 

自分の人生をつくっている習慣について、改めて考える時間となりました。行動や思考もアップデートできるように読書習慣を続けようと思いました。また、書く習慣についても、やった方がいいけれど、やれずにいたことがあり、これから、今夜から続けていきたいと思いました。いつもお会いして、お話をいただく度に、たくさんのエネルギーとこれからのワクワクをたくさんありがとうございます。

なのささま 中学校教諭

 

初めて講演会に参加させて頂きました。実は「書斎の鍵」のみしか読んだことがなく、思い切って話を聞いてみたい!と飛び込んだツワモノです(笑)変な講習だったらどうしよう、とネットで情報を調べても、さして感想などが出てこず、来るまで不安だったのですが、来て良かったです。この行動が私や私の周りの人にとっても良いものになるように行動していきたいです。自分のブレない価値観もこの半年で見つけられたら、とお考えています。具体的にないを習慣にすべきかも聞けて良かったです。よくぼやっとごまかしてしまう本とかもあるので。学ぶだけでなく楽しむこともできました。ありがとうございました!

いくみさま 会社員

 

子供に「本を読みなさい」とだけ伝え、なぜかしっかりと伝えていなかったと気付きました。次からは何のために読んだらいいか伝えてから渡したいと思います。新しいことにチャレンジすることは勇気が入りますが、行動しないと何も変わらないですね。習慣かえて行動つづけたいです。

Miyuさま

 

塾を運営する時に、子供たちや講師、保護者様など、たくさんの価値観を持っている人たちがいます。その中で自分自身を磨き、様々な価値観を受け止められる器の大きい人になりたいと感じました。また、やりたいことをやっていけるよう、手帳にアイデア欄を設け、自分の人生を豊かにしていきたいです。本日はありがとうございます。

オクムラさま

 

お話を伺い、何度もゾワッとし、涙が出そうになりました。これを「感動」で終わらせることなく、学ばせていただけたことを振り返り、行動に移していきます。おちょこくらいの小さなの器を本◯塾を通して、ワイングラス、いやビールジョッキぐらいに成長させ少しでも一流に近づきたいと思います。ありがとうございました。

しのさま 小学校教員

 

この度はこのような塾を開催して頂き本当にありがとうございました。本日のお話の中で一番感じたことは、本を読んだ後に行動することの大切さを改めて感じました。本を読んでいても、読んで終わりではなく、実践、自分にあてはめて行動していくことで人生が変わるともうので、習慣を少しずつ変えていきたいと思いました。

HIPPOさま 会社員

 

たくさんのヒントをいただいた感覚です。私は大学でも考えや思いを言語化することを日々学んでいますが、大学だけでなく人生という長いスパンで大切なことを学びました。今日お話しいただいたことを自分の言葉で書いたり、話したりして、自分のものにしたいと思います。

クルーズさま オンライン大学生

 

なぜ本を読むのか、あまり深く考えたことはありませんでしたが、人の生き方を学ぶためということに共感しました、私は4月に「炎の陽明学」という本を読んで、幕末に生きた山田方谷氏の生き方に深く感銘を受けたとともに、自分が伝記を読んだことがないことに気づ来ました。今後も自分の中のなんとなくの思いをこの塾を通して明確にしていきたいです。

かんたさま 会社員

喜多川さんがなぜ色々なアイデア(視点)を常に生み出しているかが疑問でした。それが今日わかったような気がしました。「書くことが生まれる」というのは当たり前のことかもしれませんが、すごく納得させられました。自分も毎回、黒板に一言メッセージを書いていますし、学級通信も不定期で出しています。そこで感じたことが理論づけさせてもらったような気持ちです。ありがとうございました。

Nakamuraさま 教員

 

親学塾が進化した会になったと感じました。内容も充実していたボリュームもちょうどいいかと思います。これから4回も楽しみです。

KAZUさま 小学教師

 

4時間は長いかなと思いましたが、あっという間でした。スマイルマークがまず良かったです!ずっと意識して笑って入られました。講演は聞くだけ、メモするだけではなく自分の感じたこと、心震えたことを書き綴ることが大事。すごく心に響きました。まず、宿題として実践してみようと思います。

A.Tさま 会社員

 

手紙を書くための本を探していたところ、「手紙屋」を見つけ、半年前に初めて喜多川先生の本を手にして、今は初めてお話を伺いました。このタイミングで名古屋で本◯塾を開催していただき、ありがとうございます。次回も宜しくお願い致します。

サクさま

 

心のあり方が整う内容で、心がキレイになりました。前回別の講演で初めてお話を聴き、その時は興奮していてあっという間に時間が過ぎましたが、本日はとても充実した時間を過ごせました。常に本質で展開されるお話に心が震えました。半年間宜しくお願いします。

デロさま 会社員

 

親学塾に比べて、お腹いっぱい感があります!!それに名古屋だから近くてありがたいです。(前回は横浜)今日は、「書く」ことの大切さを教えて頂きましたこれを習慣化することに一度挑戦してみたいと思いました。継続することの難しさと、価値の大きさに気づけたと思います。まずは、やってみます!!ありがとうございました!!

のんさんさま 会社員

 

参加させてもらって良かったです。自分の感じるところをもっと前に出して共感を生む、つながりをつくる、信じるところを進めて行こうと思いました。喜多川先生の想いは背中を押してくれる。行動しようと思う。

いっちゃんさま 住宅会社経営者

 

二部構成、質疑は、とても濃厚な時間になります。ありがとうございます。喜多川先生から学んだことを会うたびに1つずつ習慣化して成長をゆっくりしていきたいです。ありがとうございました。

ダイカンさま 教員

 

1.5時間×2という長い時間でしたが、あっという間でした。今までとは違った二部構成ということで情報量も多かったのですが、最後まで楽しく聞くことができました。ちょうど、メモをすることが大切で実践していこうと思っていて、なかなか取り組めてはいなかったのですが、今日の話を聞いて早速やってみようと思いました。このようなきっかけを大切にしていこうと思います。

男性 中学校教諭

 

喜多川さんの言われた通り、今日会場に行くのに「ドキドキ」しておっくうになっていました。何があるんだろう?どんなことをするんだろう?と不安が大きくなってきました。でも、このタイミングで喜多川さんのお話が直接聞けて本当に幸せです!今、ワクワクして「挑戦しよう!」「やってみよう!」「楽しみ!」になっています!継続することは本当に大変だと思うので、この感想にて覚悟を決めて、楽しみます!1回目だけの参加ですが、代理として参加できたこと、とても感謝しています。

ビワさま 女性

 

一日15分の習慣は今、私も実践しているとこでした。読書もそうですが、書き留めることをしていきたいです。喜多川さんのお話は入りやすく、心に残りました。今の自分にあてはめてのイメージがつくりやすく、色々実践もしていきたいです。

会社員 女性

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9