Now loading...

【喜多川泰の本◯塾 第二期】感想

2018/11/03 参加者の声

<本◯塾 第1回 東京会場 11月3日>

本日は貴重なお話をありがとうございました。第一回「習慣を変える。」私の生活習慣は正直乱れています。今日をきっかけに整えるぞ!そんなことを思い、拝聴していました。その中で、感情を無視するという言葉が胸にグサリと刺さりました。今まで、いかに感情に左右されていたかを認識することが出来ました。今回はお話された読書習慣は自らを律するシステムというように、自らの感情を無視するシステムを日々の習慣でつくっていきたいです。12月も楽しみにしています。

こてつさま 教師

 

中3と小5の娘の母親です、母である事に苦悩しております。先生の本に出逢うまで、「人の迷惑にならないように」と育ててきました。何故、苦悩するのか?ここに原因があった様な気がして講座を申し込み致しました。私の恋する未来は、子供達が「あなたに会えて良かった」と沢山の人に思われる人になる事です。向かう所が明確になり、苦悩するのではなくプロセスを楽しめる様になりたいと思いました。次回の講座までの課題にします。

りんご様 主婦

 

初めて喜多川先生が主催する講座に参加しました。具体例を挙げながら、楽しくかつ噛み砕きながら、深く伝えて下さり、自分の今を見つめ直す時間となりました。「やっちまったなぁー」と思う日がちょこちょこあるなと思い、人生のベクトルの方向を修正していきます。

SHOさま 小学校教諭

 

初めて参加して緊張しましたが、喜多川先生会えて感激しました。習慣の大切さを感じました。結果だけではなく、プロセスも大事にしていこうと思っています。

ひさ様 会社員

 

正直、この場に来るまで、悲観的な気持ちを抱くことが何度もありました。こういった場に参加することも初めてで、恐怖心すらありました。しかし、実際には4時間のこの講座があっという間に終わってしまい、物足りなさを感じるほどの良い時間でした。この講座を設営してくださったスタッフの方々、そして喜多川泰さんありがとうざいました。申し込みをして本当に良かったです。日々の習慣を改めて、考えてみたいと思います。このあとの講座も楽しみにしています。

ぴぴさま 自営業

 

昨年1年かけて喜多川先生の本を全て拝読し、すっかりファンとなり、本日を楽しみしておりました。日々の生活、そして人生に響くお話をありがとうございました。育児、自らの夢に想いを寄せて悩む中、「自分の人生を使って誰を幸せにしたいか?」をもう少し具体的に考え、進めて行きたいと思います。目指したいものはありますが、それがどんな人のどんな役に立つのか…焦らずに高い壁をこえる覚悟が決まりました。どうせ1度きりの人生…思いっきり楽しんで生きたい。それが私の志です。

sweetsremake様 事務兼秘書

 

心で料理している料理人は続けられる。技術で勝負している料理人は負けていく。当院にも当てはめると、ぴったり合う言葉でした。人間性を育てるのが私のテーマです。まだまだ学びがたりません。今後も喜んで楽しんで参加させて頂きます。

うだっちさま 歯科医師

 

習慣の力を身につけるためにも読書が大切なことを理解できました。自らを律し、addictionの方向性を変えることで、自分の志を達成したいと思います。また、質問で、喜多川さんのような本を書きたいとお伝えしたところ、「自分の歩んできた人生こそがその土台になる」とのことでした。確かにこれまでの経験から人に参考なることもあると感じました。いつもお話から気づきをいただいています。ありがとうございます。

まっさん様 会社員

 

始めに行ったworkが面白かったです。同じ質問で他の方がどのような漢字(言葉)をイメージするか知りたかったです。習慣のaverageを上げることを今後、目標の一つにしたいと思いました。読書習慣はありますが、基本的には移動中しか読まないので、家でも読む習慣を付けたいと今日思いました。

タッピーさま 教員

 

第一期で話していただいたことに加え、また新しい視点や考え方を知ることが出来ました。最初に取り組んだ参加者同士でのワークがとても良い時間でした。初めてここで出会った人たちとお互いのことを話し、その短い時間で相手から感じたことを漢字一字で表現することは、感性が開くと共に、相手から漢字をいただけるのがとても嬉しかったです。「自分は、自分の未来に恋をしているのだろうか?」と、自己評価が起こりました。前はもっと自分の未来にワクワクして、色々なことをやってみたいと描けていたはずなのに、いつからか未来が見えなくなりました。でも、今日喜多川さんの話を聴いていて、自分の未来に恋をする為に「自分はどんなことにチャレンジしたいのか?」「どんな努力をしたいのか?」そう考えると、答えが出てきませんでした。もう一度、自分の未来に恋できるように考える時間を持とうと思います。

よーこ様 コンサルタント業

 

大人も未来を思い描く、想像力が必要という話はとても共感しました。特に、教えるという立場の人は魅力が必要不可欠だと考えています。子供達にも夢を話して努力する姿を見せられる人になろうと思います。

つかささま 囲碁講師

 

「未来に恋をする」とても感動、そして共感しました。最近、未来から目を背けていて、何かを本気でしようと思えなかった私ですが、自分が忘れている事ってこれだと思いました。まずは、人間性を磨いていこうと思います。ありがとうございました。

なぁさま カスタマーエンジニア

 

第二期の講座は、第一期とはまた違う話を聞くことが出来て刺激になりました!1日15分の読書習慣がなかなかうまく定着させることができず苦戦していましたが、「感情」を無視して、1日15分(今日は30分と言っていたので、30分!)の読書習慣をつけること、コツコツ取り組もうと決意できました。あとは、何のために本を読むのか、目的を持つこと。自分のためではなく、「誰かのために本を読む」という視点を加えて、改めて本を読む理由づけをして取り組もうと思いました。

Y.Hさま  会社員

 

今日はすごく学びと気づきになるお話をたくさん聴かせて頂きありがとうございました。「やると決めるということは、感情を無視すること」というのは、すごく心に残りました。どれだけ今まで、感情に邪魔されて、諦めたことが多いか改めて痛感させられたとともに、ある意味突っ走る行動をやろう、そう感じた1日でした。

ひでさま 会社役員

 

opening talk … excite!! とても中身の濃い一日でした。第一期からのオーバーラップもあり、体の中にじわじわと染み込んでいく感じです。読書習慣続けていきます。(自分の大学生、高校生の子供達が本を読まないんですよね~。)

さいたまのとしちゃんさま 教員

 

第一期に続いて参加して本当に良かったです。今回、何が良いのかが分かりました。それは「想像力」です。喜多川先生のお話を聴いていると想像力を刺激される。そのことによってエネルギーが湧いてくるのです。「こうしよう」と想像力がかき立てられ、イメージが持てるから希望や勇気が出てくるんだなと感じました。本日も希望と勇気をありがとうございました。

Toshiさま 中学校教諭

 

前回もお話を聞かせて頂きましたが、今日お話をお聞きして忘れてしまっていた事などもありました。今日お話をお聞きできて、思い出すことができ良かったです。説明して頂く時の例え話がいつも面白く、何回もお話をお聞きしているのにいつも楽しく幸せです。楽しむ決めてこなくても。

K.gさま 会社員

 

第一期とはまた違う雰囲気、先生の話も第一期では聞かなかった話もあり、やはり受講して良かった!!と心底思いました。workはとても楽しく、素晴らしい企画でした。四文字とも自分らしさをとても表している文字で驚きました。次々と新しい壁が立ちはだかってきて、なかなか一息つけない毎日ですが、挑戦する姿を子どもに見せつつ、毎日前を向いて、楽しく過ごしていきたいと思います。今日も新しい出会いに感謝です。楽しく充実した時間をありがとうございました。

A.Oさま

 

本日は貴重なお話ありがとうございました。「創造力が武器になる」まさに人が創造した物しか実現していないのだと感じました。その人にしか創造した物はない、そしてそれを実現するのは、その人しかいない。非常に心に響きました。この講座を通じて、自分にか描けない未来を明確して、それを実現出来る様に一歩二歩と歩みを進めていきたいと思います。

かいさん 福祉施設職員

 

自分の夢は自分のものだと思っていました。「自分が描いた夢の先に、人達が待っている」この発想はなかったので、すごく心が震えました。ありがとうございました。諦めず、自分が夢を叶えることで幸せにできる人のためにも続けていこうと思いました。ありがとうございました。ワークが面白かったです。思いがけない漢字、嬉しい漢字をいただきました。

りこちゃんさま フォトグラファー

 

本日も貴重な時間、お話をありがとうございました。仕事は技術ではなく人間性が大切ということはわかっているつもりでしたが、最近の自分は、技術に頼っている。技術ばかりを磨こうとしている気がします。自分を見直すより機会となりました。

女性 教員

 

オープニングのワークは色々な話が出来て楽しかったです。空気感を変える意味で、場が馴染んだ気がします。「未来に恋をする」は、自分も、自分に関わる人にも、大切にして、関わっていくこと。面倒くさがらず、それが生きがいになるということが、新鮮な感じがしました。

男性 会社員