Now loading...

【喜多川泰の本◯塾 第二期】感想

2019/03/23 参加者の声

<本◯塾 最終回 東京会場 3月23日>

 

新刊と「聴く書なり」を読んでいたので、いい意味で復習となり、お話の中で「グッ」と来ることがありました。

<半年間を経て…>自分は、第一期から出席させていただきましたが、親学塾とは違って、より深く学ぶことができました。どれだけ自分が変化できたかは分かりませんが、日々の生活の中で壁にぶつかった時でも、負けていない自分を感じる事があります。第三期は参加出来ませんが、第四期、五期と参加したいと思っています。

きんちゃんさま 会社員

 

自分の軸を持つことの大切さ、同時に頑固にならない素直さを持ち合わせること、そして、勤勉さ、一つ一つこなして自分の道を見つけたいと思います。

<半年間を経て…>自分の考えていた事をこの全五回で、それで良いのだと背中を押してもらえた半年間でした。とてもステキな縁を手に入れる事ができ、応援してくれる味方も増えました!実りの多い学びを得ることができました。学びを楽しんでいきます。

つかささま 囲碁インストラクター

 

本◯塾で第五回まで終えるにあたり、新しい扉が開いていくことを感じます。この半年で、少しずつ〝未来〟への不安は消えていく事を確信しています。未来は、消して私を困らせないと思えるのです。変化の行き方をワクワクして楽しみます。

<半年間を経て…>必要、必然、ベストのタイミングで出逢いの時間で、現在の自分は出来ている。そして、未来の私は、これから出逢う人で成長し、新しい扉を一緒に開いていく。そのように施行すると、自ずと想像できない未来があると信じられます。

くにさま 公務員

 

すぐに成果を求めがちになりますが、成果が出るまでには、時間がかかる事、また成果が出ないからといって成長しないわけではないということを、伝えていきたいと思います。

<半年間を経て…>一つ一つの話が心に響く話でした。自分の中で消化して、世の中のために役立てていきます。

イチローさま 幼稚園長

 

本◯塾の◯の謎が解けて良かったです(笑)確かに夢はコロコロ変わってきた気がします。しかし、軸は変わっていないと確認できて、自分に丸と言える気がしました(笑)これからも欲しい物ではなく、どんな人になりたいか?を自問自答していきたいと思います。

<半年間を経て…>半年間、毎回楽しい時間を過ごせました。喜多川さん、江藤さん、ありがとうございました。わくさんの学びがありましたが、一番は「自分との約束を守ると自分に自信が持てる」という話でした。それから小さなことですが、自分との約束を守っています。お陰で少し自分に自信を持つことが出来ました。喜多川先生は私によい影響を与えて下さった多くの方の中のお一人です。本当にありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています!

かいさんさま 福祉施設職員

 

楽しかったです。色々と学べて良かったです。ありがとうございました!

<半年間を経て…>今年の私のテーマは、「考」考えることでした。初回は参加できなかったのですが、4回にわたる学びを通して、考えることを、そして自分の心に質問するくせをつけようと今日までやってきました。結果、毎日のことに流されてしまうことが多くありましたが、「少しだけ何も持たない自分の時間をつくること」「学んだことについての自分の考えを文字に起こすこと」この2つをとりあえず続けることができました。忙しさに流されず、これからも自分と向き合っていきたいです。

まいさま 福祉施設職員

 

最終回、旅立ちの会として、ふさわしい内容でした。一歩を踏み出し、人を喜ばせる人生に、邁進していく勇気をいただきました。

<半年間を経て…>たくさんの気づきをいただきました。たくさんの視点をいただきました。

たくさんの見方をいただきました。たくさんの出会いをいただきました。いただくばかりの「本◯塾」でした。何か恩返しが出来るようにしたいです。

さいたまのとしちゃんさま 職員

 

「素直さが大切」とありましたが、まさにその通りと感じながらもその難しさを感じています。学びを通して自分が成長・変化を出来ているか、気をつけていきたいと思います。学びにはお金がかかるのは本当にそう思いますし、でも稼ぐのが目的となってしまうと、それは違いますよね。とても共感出来るお話でした。

Y.Kさま 自営業

 

全て求めていた答えが集約されておりました。自分の人生、家族のこと、色々悩み、出逢った先生の本から学び、その都度「これはどういうことだろう?」そう立ち止まった時々、伺いたかったことが学べ、心がスッキリしました。全ては、ここからもう一度振り返って、一つひとつ大切にゆっくりと成長をしていきたいと思います。

<半年間を経て…>改めて、感想をお送りさせて頂きます。一言だけ、楽しすぎました!!ありがとうございました!二言になってしまいました(笑)

Ryoさま 事務兼秘書

 

つい先日、自身の結婚式を行ったのですが、その時、すごく心にきたのが「自分=これまで出会った人」という言葉です。小さい時から、現在に到るまで様々な人や言葉、場所に出会って、今の自分がいることに心がジンとしました。もちろん未来のことも考えることが大切ですが、過去の大切な人たちをこれからもより大切にしていきたいと思いました。

<半年間を経て…>自分の人生や生き方、考え方について様々なことを考えることができました。また、他の参加者の方とも交流する中で、自分とは違う考え方や生き方に触れる機会がもてえ、とても貴重な時間でした。一度立ち止まって、自分の人生の指針を修正して、自分の周りの人たちと幸せを共有していきたいと思います。

SHOさま 小学校教諭

 

日々の忙しさ目まぐるしさから、〝どんな自分でありたいか、なりたいか〟を失いかけたところで目を覚ましてもらいました。

<半年間を経て…>第三回からの参加で、一回、二回も受けたかったなという思いです。あっという間でしたが、とても楽しい時間でした。自分なりのペースで変化していけたらと思います。ありがとうございました。

M.Hさま 保育士

 

今日もありがとうございました。「どんな人になりたいの?」という自問を自分自身に何度も何度もしつつ、周りのぶかや子供にもそういう投げかけができるような気付きを与えられるきっかけに自分がなれたらと思います。

<半年間を経て…>本◯塾第二期お楽しい時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました。喜多川さんのお話はもちろんなのですが、参加されている皆様から学ばせて頂いたという感覚を一番感じられた半年間でした。ありがとうございます。

ひでさま 会社役員

 

プラス思考における「なにがあっても良かったと思える」そんな考え方を大事にしたいと強く思いました。

<半年間を経て…>半年間あっという間でした。自分の心に何度も問いかけてしまうほど、様々な考え方やお話を聞けてありがたかったです。「私はどうなりたいのか」これからもずっと考えていきたいです。無目的の学びというものも合わせて続けていきたいです。

ざわわさま 自営業

最近、夢について全国の方とお話しすることが多いので、とても良いタイミングで「未来をかえる」お話を聞けてよかったです。

<半年間を経て…>

社会人1年目の今、本◯塾に参加して自分から変わろう、変化し続けようといった気持ちになってお仕事できたので、とても良いタイミングでした。今、Twitterで知り合った方たちと、普段の姿勢が上機嫌の人プロジェクトとして、「コンビニの店員さんに挨拶をする人」を行っているのですが、感謝する機会が日常に増えました。ありがとうございました。

なぁさま

 

いつも新しい気づきをありがとうございます。一番心に残った新しい気づきは、「思っている以上に自分が正しいと思っている感覚は違う」ということ。自分が正しいと思うことなく、自分のアウトプットを話したり、人の話を聞いたりしながら、調整していくことが大切だなって思いました。

<半年間を経て…>

・今までの自分の価値観を変えるきっかけとなる新しい視点や考え方をもらえること・自分が選んできた道ややっていることが間違っていないということ、微調整をしながらもそのまま進んでいいんだということ・上機嫌、プラス思考、どんな時も前向きに良いことが怒るのではなく、起こったことを前向きに捉えること…ということに気づかせてもらえました。次は、講座を受けないので、上手く自分自身で、自分をコントロールして、学びを実践に変えていこうと思います。

Y.Hさま 会社員

 

誰かと夢を見て、お互いに応援し合えたら幸せな気持ちになる・・・と思いました。そして、今日一緒に学ばせていただけた方達を心から応援したくなりました。

<半年間を経て…>本を読ませて頂くたびに、心が晴れやかになります。そして、今回は、さらに生き生きと心に伝わってきました。ありがとうございました。

ゆっこさま ピアノ講師

 

半年という、長いようで短い間、ありがとうございました。どんな人になりたいか。最近それに近いことをよく考えますので、非常に響きました。今はボヤッとしていますが、日々物事に対して一生懸命取り組んでいき、生徒と語らっていくと、見えてくるのかなと思います。若手を言われる世代のいまだからこそ、純粋に没頭しようと思います。

<半年間を経て…>後半になるにつれ、先生ご自身が伝えることwに挑戦をされていることや伝え方をあれこれ試されていることに気が付きました。また、伝え方もストレートなシーンが増えたのかなと感じました。それに対して、「あ、こちらを信頼してくれている」と感じ、素直に嬉しかったです。連続講座には初参加でしたが、回数を重ねることで、深いお話がしやすいのだなと感じました。先生の感覚的に伝えていること(宇宙の話とか)は非常に面白かったです。

こてつさま 体育教師

 

とっても楽しかったです!「どんな人になりたいのか」…子供の味方でいられる大人でありたいです。4月からの学び、今夜電車の中で読む『運転者』が楽しみです。ありがとうございます。

<半年間を経て…>半年前の自分より、今の自分の方が学びを染み込ませようとしている気がします。1年前の今日は実施していなかった感謝日記のよって、可愛い子供たち、周りのすてきな人たちからかけてもらった嬉しい言葉の多さに気づくことができました。ベストなタイミングで受講させて頂いたことに感謝です。4月からはお私語をも暮らしも変わりますが、目の前の子供たちの味方でありたい気持ちでに従って、次の学びも楽しみます。

りなさま 小学校教諭

 

夢は誰かと見るというお話を聞いて、確かにそうだなと思いました。いつもお話を聞くと新しい気づきをいただけるので楽しいです。お話を聞き、学ばせて頂いていることが楽しいと思えるので、今のところ人生の喜びとなっていると思えます。ありがとうございます。

<半年間を経て…>先日、イチロー選手が引退会見されていた話と、喜多川先生がお話しされていた事が同じような気がするなとテレビを見ながら思いました。一流選手が人生をかけて気づいてきたような話を、お聞きすることが出来るなんてとても幸せでした。半年間、本当にありがとうございました。

Kgさま 会社員

 

去年の4月~父母会で、素直さ、謙虚さの大切さを伝えてきました。素直さを取り戻すためには、学ぶことが大切ということでしたが、この1年、私自身、本◯塾で学んでいたため、素直でいることができたのだと思いました。素直でいると学びも深まると思います。これからも、素直でいるために学び続けたいと思えます。子供への声かけ、「どんな人になりたいか?」ということに焦点を当て、話をしていきたいと思いました。

<半年間を経て…>二期連続で受講でしたが、参加者も違う為、毎回、新たに学ぶことがとても多かったです。怒涛の1年間だったのですが、本◯塾のおかげで前向きに頑張ることができました。本◯塾で学んだことは、これからも私自身の人生で活かしていき、子供の成長にあわせてかけてあげる言葉も変え、これからも親子共に沢山、楽しく学び続けたいと思います。また、機会をとても楽しみにしております。ありがとうございました。

A.Oさま

 

人生の〝本願〟を叶えるために必要な考え方を学ぶことが出来ました。人生の本願を叶える為に、自分一人ではいきていけないこと。一人では本当の意味で夢を叶えることが出来ないこと。我慢ではなく、努力を楽しめること。そもそも「自分はどうありたいのか?」を考え、自分と向き合うきっかけを本日も頂きました。

<半年間を経て…>第1期生の時は、初めての参加で、右も左も分からず、とにかく〝学ぶ〟ことに集中した時間でした。第2期生では、体感型のワークもあり、身体を通して学び、その上で知識としても学ぶ環境のおかげで1期生とはまた違った視点で学ぶことができました。

よーこさま コンサルタント業

 

第1期では、workがなかったそうで、このIcebreakの時間は必要と感じました。冒頭での自分と他人との違いを実感できたのが良かったです。「人間は誰かを傷付けながら生きている」という言葉に安心しました。

<半年間を経て…>どんな人になりたいのか?を自分に問い続ける(考え続ける)ことが重要とお聞きし、「あなたがいてくれてありがとう」と言われる人になりたい。自分も周りにいう環境にいたいと思いました。第4回はおやすみしましたが、半年間ありがとうございました^^

タッピーさま 教員

 

今回もありがとうございました。新刊「運転者」のお話も聞かせていただき、ありがとうございました。楽しみです。努力とガマンの話、成果を意識しすぎているとガマンになるということを納得しました。イチローが最後の日々、試合に出られないのに練習をしていた姿に重なりました。

<半年間を経て…>楽しくあっという間でした。ワークがあったのも面白かったです。毎回のテーマが決まっているのに、第1期と第2期で違うお話が聴けたのも良かったです。少しは「学んだ後の自分」に慣れていると良いのですが…時間がかかっても積み重ねていきたいと思いました。そして、誰かの夢を応援しまた自分の夢も応援してもらえるような生き方をしたいと思います。ありがとうございました。

りこちゃん フォトグラファー

 

「問いに対して、考える。」ということを実感した一日でした。いま、自分が解決したいこと、こういう未来にしたいと願うことに対して、必要な情報を選んでいるんだな、と。この『本◯塾』は、自分と向き合う時間でした。「やってみよう!」と浮かんだアイデアがあるので挑戦します^^!

<半年間を経て…>〝勇気〟と〝希望〟が湧いてくる場所でした。参加すると必ずエネルギーが湧いてくる。きっとそういう場にしようとする人が集まった素敵な人との出会いがある、挑戦するエネルギーが充電できる場でした。ありがとうございました。また、よろしくお願いします。

Toshiさま 公立中学教諭

 

不登校だった女子生徒のことを意識しながら聞かせていただきました。「変わる為に学ぶ。別人になっていい」という言葉は、今の中学生にとって、すごく勇気を与えるものだと感います。様々な家庭環境、学力的なことなど多様な中で毎日生徒たちは生活しているのでその力にこれからもなっていきます。私自身も勇気とやる気をいただきました。〝変化〟します。

<半年間を経て…>たくさん学びをいただき本当にありがとうございました。毎回のお話をそのまま、時には切り取って生徒に伝え続けきました。年度末となり、担当評価として、「良かった点」「悪かった点」などについて生徒に書いてもらいました。その中のほとんどに「タメになる話」「納得する話」「自分にはない見方、考え方」が良かったとありました。また、2学期中頃から学校に来ていなかった女子生徒が放課後登校し、1時間半近く話をしていきました。話そうと思ったのは、私が使っている言葉、考え方、の影響と言ってくれました。その言葉や考え方の多くが、ここで得られたものです。生徒たちの力になっていただき大変感謝しております。

かみ→さま 中学校数学教員

 

本日も多くの学びをありがとうございました。「どんな人になりたいか?」今の自分にはボンヤリした目標しか見えていない気がします。自問し続けていきます。続ける覚悟はどうしたら持てますか?

<半年間を経て…>あっという間のでした。関わっていた全ての方に感謝です。目に見える変化は感じられない部分もありますが、きっと自分では気づいていないところで変わってきていると信じています。めいに見える変化を感じられるよう、この半年間の学びを繰り返しかみしめていきます。

教員 女性

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10