Now loading...

連続講座「日々のこと・秋」

2020/07/25 イベント情報

 

7月28日(火)開催「日々のこと・夏」のご感想

————————————————————

1日の終わりに日記をつけることは私の日課です。意識していなかったけれど、今日喜多川さんに言葉にして頂いた気がします。自問自答することで心が整い、また明日の活力が生まれる作用があるのだとわかりました。今日この講座に参加させて頂けたことに感謝!です。これから感謝日記の行を入れることにしますね。娘にも勧めます!ありがとうございました。

N.M さん

————————————————————

現代、ブログやSNSは誰かに読んでもらう、友人に読んでもらうのが前提で書いています。しかしそれを前提にどこまで自分を晒すことかできるのかと言うのか一つのラインだと思います。自分の心を晒している人は、信頼できると言うことになっていると思います。しかし、誰も読まない日記で心を整えるというのは地道なことですが画期的な方法だと膝を打ちました。感謝日記もつけようと思いました。

K.M さん

————————————————————

今日もありがとうございました。日記を書く習慣は身についてましたが、誰の目にも触れないのに、どこかで「いいことを書こう」と思う自分がいました。葛藤や、モヤモヤを吐露するための場所だったんですね。その自分と向き合うことを恐れず、「心を整える」貴重な場所にしたいと思います。早速、実践します!

S.T さん

————————————————————

ありがとうございました。心を整える方法として、自分と対話するということを思いましたが、日記に書いて残すことの大切さを思いました。昔の日記見るとあの時の自分はこんなことを考えていたんだと思いますし、書いている自分も書くことでメタ認知できていたと思います。いいのかわかりませんが、自分をさらけ出すこともしていましたがそれにより不快に思う人もいると思います。まずは自分と向き合って今の自分の思いを大切にすることをしていきたいと思います。毎日の感謝も日々忘れないように記録していきます。

H.Dさん

————————————————————

今日もありがとうございました。数ヶ月前、自分の本音をどこにも出していないことに気づき、日記ではないですが、ノートに本音を書くことをはじめていました。今日のお話とリンクして、少しビックリしました・・・。今日からは、そこに感謝の日記も綴ってこうと思います。今日も素敵なお話をありがとうございました。

Mさん

————————————————————

自分が何にモヤモヤ、イライラしているのか、分からない時があります。深く考えず、やり過ごすことが多いですが、誰も見ない日記を書くことで、自分の本当の気持ちが自分で理解できるかもしれません。そうやって自分の気持ちをごまかさず、大切にしていこうと思いました。これから書いてみます!今日も素敵なお話、ありがとうございました!

Kさん

————————————————————

「刻石流水」…父が大好きだった言葉であり、父の生き様そのものだった言葉です。
今日の講演が始まる前、ノートの隅っこに書きました。「今日はお父さんの月命日。ひとりでお墓参りにいきました。毎日、泣けてきます。」…誰に見せるでもなく、自分の心の内を書いたものです。
切ない毎日の中、火曜日の夜、たくさんの仲間たちと一緒に喜多川さんと松尾先生に逢えて、喜多川さんの「日々のこと。」を聴きながら、自分の「日々のこと。」に想いを馳せる時間が、とっても大切な時間です。

T.Kさん

————————————————————

「心を整える=喜多川先生に逢う」という術でこれまでやってきましたが、自分で自分の心を整える方法を持つことも大事だなと感じました。誰にも見られない日記に自分の想いをとにかく書くと言われた時、今の自分は何を書くのだろうと考えました。むしろそんなに書けることがあるのだろうかとも思いました。想いを書くということはそれだけ想いがないとできないことでもあります。書くことで言語化され、思考の整理につながる。そう考えると、何も考えずに書くというのもやってみたいなぁと改めて思いました。日記大国日本。その言葉を聞いて心が震えました。先人が凛とした想いで日本という国をつくってくださった原点がそこにあるのかと思うと、書くことをやめてはいけないなと強く思います。自ら心を整えられる強さを大事にしていきます。感謝日記。刻石流水。そして自らを整える日記。忘れていた大事なことを思い出させていただきました。ありがとうございました!毎週火曜日、喜多川先生の顔を見ると心がシャキッとなり、暖かくなります。このような心を整える機会をいただき本当に感謝です。いつもありがとうございます!

T.A さん

————————————————————

本日もありがとうございました。何かを書くときに「誰かにとって読みやすい文章」や「共感してもらえる文章」を意識し過ぎていたと思います。自分の気持ちに正直な日記もつけてみたいと思います‼️

M.Kさん

————————————————————


喜多川泰事務局L&Rヴィレッジ

1 2 3 4