Now loading...

喜多川泰の「日々のこと・冬」(連続講座)

2020/11/13 イベント情報

1月12日(火)の第一回「日々のこと・冬」のご感想


————————————————————

今の捉え方、事実は同じでも解釈は無限大とは思ってましたが、その轍を作り続けること。でも新しい神経回路もつくること。自分の家を大学化して、エネルギーを拡大し続けること。面白いです。新たな捉え方をまた教えていただきました。ありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

H.M さん

————————————————————

今日もありがとうございました。昨日は断捨離をして過ごしました。スッキリして良かったです。自宅を大学へ変化させていきたいと想います。

M.M さん

————————————————————

今日も楽しい学びの時間をありがとうございました。新しい感覚を取り入れやすい心を持っていきたいなと思いました。いつもなら、自宅でルーズリーフを片手に参加していますが、コンビニで使用していたマスクにメモりました笑。これがダメなら、こうしてみたらどうだろうと楽しんで実行していこうと思います。保管が難しいので、帰ったらマスク→ノートにうつそうと思います(^.^)

M さん

————————————————————

今日のお話を聞いていると、全員既に喜多川大学を開設してますね。コロナ禍の今だから積極的に計画する獺祭書屋!たとえ行動制限されても心が自由であれば無限の可能性が広がると思えばワクワクしかないですね。2021年のスタートにふさわしいエネルギーが充満されるような第一回目でした。これから3か月後にどんな新しい自分になれているのか。楽しみでいっぱいです。

N.M さん

————————————————————

目の前で起こっていることは同じでも、その解釈は人それぞれ違っている。解釈は道の轍のようになっている。自分が作った神経回路をたどっている。新しい神経回路を作り新しい道をたどっていくこと。とてもわかりやすいお話でした。会社のメンバーにも伝えたいと思います。

I.K さん


————————————————————

本日もありがとうございました。
いつもそうですが、今日のお話は特にタイムリー過ぎました。2021年の大きなチャレンジの一つとして、実はまさに今象牙の塔の先端(?)へ向かおうとして、必死に勉強しているところです。象牙の塔へ向かおうと思った理由も、昨年からの喜多川先生の連続講座や講演会をはじめ、コロナ禍で学びの楽しさに気付いてしまったことがきっかけとしてあります。
思うように受験勉強が進まず、エネルギーが縮小しそうになることもありますが、己と闘いながら残り20日間頑張ろうという気持ちになりました。こんな時だからこそ、心を整える習慣を持つ大事さが身に染みて感じます。
今年1年もガンガン学びたいと思います!今後ともよろしくお願いいたします。

K.M さん


————————————————————

新年初めての「日々のこと。冬」、とっても楽しかったです!
「事実は1つ。解釈は無限。」なら、新しい解釈を身につけたいものですね。
「いつもと同じ」はとっても安心だし楽チンですが、「新しい道」を通るのがワクワクするように、「新しい見方」ができたらとっても楽しいですよね(*^-^*)
今できることを1つずつ丁寧にやりながら、エネルギーを拡大させていきたいです。
今年もよろしくお願いします。

T.K さん


————————————————————

次回は1月26日(火)となります。お楽しみに〜😊
 
 
 


 

1 2 3