Now loading...

喜多川泰のL&R College 2021年後期

2021/07/10 イベント情報

□ 学 ぶ こ と は 楽 し い 。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

学ぶことは人生を豊かにしてくれる。

学ぶことは幸せに欠かせないピースである。

親が子供たちにかける教育費は家計の中でも大きな割合を占めます。働いて得たお金を「自分たちの楽しみのため」よりも「子供たちのため」になることを優先する。

それは一体なぜでしょうか?

子供たちに「幸せ」になって欲しい、という思いの表れですね。

学びの時間は「幸せ」に直結する必要なものです。


□ 10月より喜多川泰の「大楽」L&R College 後期がスタートします。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

大人になってからの学びは楽しい。

こちらを読んでいらっしゃる方には、そう感じたことのある人がたくさんいらっしゃると思います。

そうです!!

大人になってからの学びは楽しいのです。

そして、大人の学びは、日常生活により直結していますね。
 
 

「喜多川泰の講座を聞いて毎日が変わった!」

「喜多川作品が人生のターニングポイント!」

「講座のノートを毎日見返しています!」
 
 

そんな嬉しい言葉を至る所で聞きます。
  

2021年にスタートした喜多川泰の「大楽」L&R College の後期が始まります。

「人を幸せにしたい」と願う人は多くいらっしゃいますね。

そのためにはまず自分が「幸せ」で、エネルギーに満ちてこそ、です

L&R College で学びを「楽」しみ、より日常を豊かにしていきましょう!!
 
 

□ 後期日時と「楽」部講座のご紹介

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 
2 0 2 1 年 度 喜 多 川 泰 の L & R C o l l e g e

【 後 期 】

□ 時間帯:10:00 – 12:00

□ 日 程:10/2(土)11/13(土)12/11(土)1/15(土)2/19(土)

□ 開催形式:オンライン( 限定94名 )
 
 

□ 各講座のご案内(※状況により内容が変わる場合もあります。予めご了承ください)
  
 
 
10/2(土)第一講座・自然科楽

問題の答えはどの立場に立つかによって形も深さも様々です。同じ一つの問題でも、ある人は具体的な答えを知りたいと思い、ある人はその解き方を理解したいと思う。ある人は、なぜそれを考えなければいけないのかまでを求め、ある人は、学ぶとはなにかに思いを馳せる。人間はこれまで、周りの自然を客観的に見つめ解明し、様々な法則を発見、利用してきました。喜多川泰の自然科楽の講義では、その自然の法則を今度は私たちの人生や生き方に重ね合わせ、毎日を豊かで楽しくするためのヒントを見つけ出していきます。
 
 

11月13日(土)第二講座・文楽

登場人物が狭い路地を歩いている描写を読むとき、読んでいる人の脳は狭い路地を歩いているかのように反応します。脳は文章の中の経験を追いかけ、イメージし、私たちのアイデンティティを形成していきます。「本を読まずに経営などできない」とユニクロの柳井正氏は言い、ソフトバンクの孫正義氏は起業したばかりの頃に入院し、三年半の間に3000冊の本を読んだそうです。多くの成功者は「文章」を一つの支えとし、その人生を歩んでいるようです。何を読むかで人生が変わるのだとしたら、一体何をどう読むのがいいのでしょうか?文楽。文章を追うのが楽しくなります。
 
 

12月11日(土)第三講座・脳科楽

iPhone11搭載のインカメラの解像度は1200万画素です。デジタルカメラは2000万画素くらいですね。ところで私たちの眼球の画素数はたったの100万画素しかありません。もし眼球をレンズにして撮影した「写真」を現像したら、本来そこにはドットが目立った荒い画像が出てきます。でも一方で、私たちは外の世界をつるりとしたものとして認識していますね。これはどうしてでしょうか?実は眼球からの映像を脳が補正し、その補正したものを私たちは認識しています。これは脳が作り出す現実の一例です。脳は知れば知るほど奥が深く、面白く、楽しい。そんな脳科楽の時間です。
 
 

1/15(土)第四講座・社会科楽

人間は社会的な生き物です。そのため人々の暮らしや価値観は、1000年頃、1500年頃、2000年頃と社会の変化に応じて、大きく変わってきました。このような多様性、不思議さは動物の世界には存在しません。さて現在、私たちは情報化社会というハードの上に生活があります。また同時に、日本は物質的にも豊かで恵まれた国です。1000年頃の日本人が見たら、御伽噺でも思いつかないような社会が広がっています。しかしその反面、「幸せですか?」という問いに対して肯けない人が多くいるのもまた事実です。今、当たり前のようにある社会や常識を見つめ直し、自分たちの在り方を探っていく時間です。
 
 

2/19(土)第五講座・心理楽

世阿弥が『風姿花伝』の中で、「花は観手(みて)に咲く」という言葉を書いています。同じ花を見てもその美しさが花開くのは、見る人の側の心の問題です。世界の豊かさは心の豊かさの反映なのかもしれません。また一方で、自分の心は自分のものなのに意のままに出来難い、というもどかしさもありますね。この心理楽の講座では、豊かな心とは何かという問いに加え、どうしたら日々、「世に花を見る」ような心で居続けられるのか、を考えていきたいと思います。「楽しむと決める」これもまた観手の心に花を咲かす言葉の一つですので、ぜひ「楽しむ」と決めてご参加ください。
 
 


 
講座費用:

  1. 前 期  33,000円(税込)
  2. 単科受講 8,800円 / 回(税込)


  
備考

□ 講座終了後の動画配信あり(次回講座まで視聴可能。第五講座は2022年3/25(金)まで)

□ 動画配信がありますので代理参加は不可

□ 単科受講も可能です。8,800円 / 回(状況により人数に制限あり)


L&R College お申し込みはこちらよりどうぞ >>
 
 
 
 
 

7月10日(土)第三講座「教育楽」のご感想。 


🎓

今日も素晴らしい時間をありがとうございました♪大儲けです(^-^) 教育とは「自分で生きる力を育てること」響きます。 これは大好きな『ソバニイルヨ』で一番感じたことでした。 心からそう思うけど、ややもすれば「与える」ということに満足?酔ってたりしないかと自問自答… 愛(寛容)と勇気 大変有意義な時間でした。( K.M さん )
 

🎓

ありがとうございました。 やっとリアルに参加出来ました。多少バタつきましたが…。これまでの二回も楽しませていただきました。 さて、無責任になるで思い起こされたのが、母が私に対して「あなたは人に助けられる人だ」と、何故か私が生まれた時に助けられた事があったのか、さも自信ありげに言ってくれてました。 今振り返ると、本当に私は出会う人出会う人に助けられて今があります。 母に今度改めて、何故そう言ってくれたのか聞いてみますが、とにかくその通りなんです。 感謝しています。 アンパンマンの歌、大好きで、一番初めの子にアンパンマンを観せて、歌に感動して涙していた私です。 とても平和なアンパンマン大好き。 絵本では、アンパンマンが倒れそうな老人に自分の顔を食べさせてます。 フラフラになりながらジャムおじさんの所に帰って、新しい顔を作ってもらって元気になります。 手のひらを太陽にも泣いちゃいますが、やなせたかしさん、素敵な方ですね。 また、もう一つ、無責任で思い出されたのは、私も鍼灸マッサージという仕事に就けたのも 37年くらい前に、何か資格を取りたいと話した私に、見ず知らずの方が「これから、鍼灸が良いと思うよ」と言った事がきっかけでした( I.Y さん)
 

🎓

日も貴重なお時間をありがとうございました。自分もその言葉が生きる上で支えになっていること、たくさんあります。前向きな言葉は、何気ないことでも、伝えていきたいと思います。寛容さ…必死で教えて伝えているときについ忘れがちです。心に置いて大切にしたいと思います。本日も本当にありがとうございました(^^)( F.Y さん)
 

🎓

教える立場になると、「何とかその人に結果を出させなきゃ」とエゴが強くなって、そういう時に限って結果が出なかったりしてこれまでしんどいことが多かった。しかし、その人の選択の責任をとれるなんて考えることがおこがましいことなんだと今回の講座で痛感した。自分が与えよう・変えようとするほど、いつか卒業した時にその人が一人になったら何も身についてない(育ってない)状態にしてしまう。じゃあ自分の存在意義ってなんなんだろう。自分ができることって何も無いのかな?と思ったけど、寛容に見守りつつ、適度に負荷を与えつつ、出会いを演出することが教育なんだと考えるとできることは沢山あると希望をもてた。ありがとうございました!( M さん)
 

🎓

今回は私の今までの受けてきた教育を言語化していただいたような感じでした。たくさんの大人の友達や本を母につないでもらい、留学をして違う文化の人に出会い、心の底から敬愛する大ファンの人に素敵な考えや言葉をもらいまいした。私はいろんな人から無責任に、なんとなくあなたは大丈夫な気がする、と言われて育ってきました。そうすると不思議なもので、私自身も私に不安はありません。今後は私がしてきてもらったことを次の誰かに無責任に伝えていきたいなと思いました!( N.M さん)
 

🎓

「相手を変えようとするのではなく、自分が変わろうとする。そのことを楽しむ」学校教育も対話的な学びやICTの導入など、大きく変わろうとしている時に、この言葉が心に響きました。自分の考えを変えて、子供と一緒に同じ方向を向いて走るという考えで、目の前のことに取り組みたいと思います。ちなみに私も学生時代に「あなたは先生に向いている」と言われて先生になりました。今となっては、無責任な言葉ですが、愛と勇気をもらったのかもしれません。本日もありがとうございました。( S.H さん)
 

🎓

卒業した教え子が、7、8年経って訪ねてきてくれて、「先生があの時言っていたことが、社会に出た今、やっとわかった。先生、ありがとう。」って言ってくれた時、「今日教えたことが、今日身に付くわけではない。長い目で相手の人生を考えていきたいな。」と、つくづく思いました。 同じ方向を向いて走る…今日は、とても大切なことを教えていただきました。ありがとうございました。( T.K さん)
 

🎓

よい教育とは愛(寛容であること)と勇気を育むこと。いつの時代にも大切なこのことを教えるためには教える側の自身が「相手に寛容に受け入れる心の豊かさ、自分から変わる勇気を持つ必要があると感じました。「一緒にしよう!」と声をかけることでできる気がします。やってみます!( N.H さん)
 

🎓

今日もありがとうございました。先日中学の娘が道徳の教科書に植松努さんがでてきたと教えてくれました。娘が小2の時北海道で家族旅行をしたときに、ロケットづくりに参加しました。「その時は、話を聞いたけど、何も覚えてなかったけど、教科書見て思い出した」と。誰から学ぶか、どんなタイミングで学ぶかが大事だと、今日の喜多川先生の話を聞いて感じていました。子育てや部下への指導などイライラしてしまうことありますが、自分の内面を磨いて楽しんでいきたいと思います。ありがとうございました。( A.N さん)
 

🎓

おかげさまで 楽しく教育(共に成長する)ことができています。 これまでの喜多川先生の言葉のおかげです。 (無責任に?)自分への言葉と受け取って エネルギーに変えています。 同じ方向を向いて 一緒に成長する 共に育つことを楽しみ続けていきたいと思いました。 今いることろで 人と人と繋いでいくことをもっと考えていきたいです。 本日も本当にありがとうございました。 お体ご自愛ください。( S.Y さん)

次回は8月21日(土)「生物楽」となります。動画配信の準備が整いましたら、メールにてお知らせいたします。


1 2 3