Now loading...

感想・0609【賢者の書】ほんのキモチです

2020/06/10 参加者の声

「0609【賢者の書】ほんのキモチです」にご参加いただきありがとうございました。いただきましたご感想の一部をご紹介いたします。
 

Processed with Focos

————————————————————

私が初めて”賢者の書”を読んだときはまだ中学生で、難しいなあと思ったのがファーストインプレッションです。私もこんな旅ができたらなあ~などと思ったのを覚えています。そして7年たった今再び読むと、本〇塾や未来創造塾で聞いたフレーズ、特に”今日一日”がよみがえってきて、やっと賢者の書を自分の中で理解できた!という気持ちになりました。そして今日。7年前に思った私もこんな旅をしたいなあなんて思うのは間違いだったと気づきました。だって私もいろんな人<賢者>に会いながら生きているから!学ぼうという姿勢があればこれからもっとたくさんの賢者を見つけることができるのかなと思うとわくわくします!

N.Mさん

————————————————————

「賢者の書」においての喜多川さんの想いを聞けて、本当に嬉しかったです♪デビュー10周年記念の時の横浜でのお話を思い出しながら聞かせて頂いていました。みなさんもコメントしていましたが、昨日のお話を思い出しながら、もう一度、再読しようと思います。

喜多川さんの本を読んでほしいという想いがあそこまで強くこもっていたとは!

何となく読んでいたことに、反省しました。。。それにしても、本当にあっという間の時間ですね。短い!とも思いましたが^^笑

次回は、「君と会えたから・・・」

私にとって、喜多川さんとの出会いの1冊であり、何度も読み込み、涙して、10冊くらいは、買って友人に配ってたという、私の中で1番想いが強い本です。

そういうこともあり、とってもとっても楽しみにしています。

H.Mさん

————————————————————

久しぶりに喜多川さんの声が聞けて、幸せな時間でした!不安になったりもしますが、喜多川さんのお陰で本が好きになり、読んで元気になってます!たくさん紹介もしました。そうしてることが誰かの役に立ってるようです。私もちょっと賢者に近づけているといいな!!

T.Kさん

————————————————————

今日もありがとうございました。私も他の人のいいところから学べる人になりたいです。サイードフィルターのように。。また次回も楽しみにしております(^^)仕事終わりにお聴きできて幸せです。弟が仕事で聴けなくてとても残念がっておりました。今回聴けなかった人も別の機会で聴ける場があるといいのにな、と思いました。

F.Yさん

————————————————————

あっという間でしたが、とても深かったです。すべての人が誰かにとっての欠けてはいけない存在、それを確信してほしい!とても素敵な熱いメッセージだったんですね。もう一度、いや何度も繰り返して読んでいきたいと思います。誰もが、ここにいる価値があって、必要で、誰かの勇気になっていると、改めて心に刻むことができました。ありがとうございました。

M.Kさん

————————————————————

賢者の書の裏側を知ることができて本当に楽しかったです。誰もが誰かの賢者である。この言葉を聞くと、背筋が伸びます。自分の姿勢や言動、挑戦する後ろ姿を子供たちに見せていきたいです。この本は小学校卒業のタイミングでプレゼントしていましたが、大人の方にも贈れるなと思いました。当時の喜多川さんが35歳。自分も間もなくその年齢に達することを考えると、日々の時間や気づきをもう少し大事にしていかなくちゃですね。自分の生き筋を残したいですね。また次回を、そして日々のことや本◯塾を楽しみにしています。本日はありがとうございました。

T.Fさん

————————————————————

今日も充実した時間をありがとうございました。「一番好きな賢者でアレックスと言った人はいない」なるほど賢者というより主人公と、とらえたのだろうな。「誰かにとっては鬼…」にはドキッとしてしまいました。喜多川さんの本は本当に本当に大好きです。CDも。人に何かを伝える仕事は素敵です。ありがとうございました。松尾さんも毎度分かりやすいメールをありがとうございます。感謝。「ほんの気持ち」という企画、最高でーす♪♪♪♪♪

K.Mさん

————————————————————

賢者の書を改めて読み直しました。15年経っても喜多川先生の軸がぶれていないことに感動しました。言葉1つ1つを大切に書かれたことが、初めて読んだ時よりも今の方が伝わってきたような気がします。

知識として知っているだけではなく、身についているかどうかだということをもう一度自分に言い聞かせて、明日から過ごしていきます。

本を書く理由はただ本を読んで欲しかったからという喜多川先生の思いの通り、先生の本と出逢って本を読むようになりました。私にとって喜多川先生は賢者であり、私の人生を変えてくれた人です。感謝しかありません!いつも本当にありがとうございます。

誰だって誰かの賢者なんだという喜多川先生の言葉を聞いて、勇気をいただきました!自分の力を信じて、私も誰かの賢者として恥ずかしくない生き方をできるように、今に集中して生きていきます!

ほんとうに最高の時間でした!平日の夜にこのような時間を設けていただき、心のベクトルが上を向きました!読書熱再燃です!ありがとうございます!!

この本と出会ってからずーっと変わらず学級通信のタイトルはPieceです。パズルのピースを集める旅を、生徒と一緒に楽しんでいきたいと思います!

まだまだ聞きたいことがたくさんあるので、その楽しみは次にとっておきます♪

T.Aさん

————————————————————

本日もありがとうございました。あっという間の40分間でした。

「すべての人は誰かにとっての賢者である」という言葉が最も印象に残っており、そう思えることがなかなか無い日々ですがいつか誰かにとっての賢者になれる日が来ると信じてこれからも本や出会いを通じて学び続けていきたいと思います。

賢者の書はもちろん、その他にもたくさんの本を読んでみたくなりました!

ありがとうございました。

K.Mさん

————————————————————

喜多川さんの気持ちを直接お聞かせ頂けて、充実した時間になりました。ありがとうございます。この時間で行うからこそ、集中して聴けました。本当にありがとうございました。

H.Kさん

————————————————————

今日はありがとうございました!とっても良かったです。あっという間の時間でしたが、濃い時間を過ごせました。平日の夜に気軽に参加できるというのもいいですね!今日から新たな気持ちで読み直します!

Y.Rさん

————————————————————

今日はありがとうございました。喜多川先生の本で、「本を読みたい!」という気持ちが湧きました!本当にそれから本を読む習慣ができました。ありがとうございます。『誰もが誰かにとっての賢者』であるという言葉を聞いて、グッときてしまいました。涙をこらえるのが大変でした(笑)今日は作者の喜多川先生から直接本の話を聞くことができる幸せと、学びを共有できる多くの方と時間を過ごすことができて幸せでした。ありがとうございました。

K.Mさん

————————————————————

 
 

みなさま、たくさんのご感想をありがとうございました。次回は「君と会えたから…」でよろしくお願いいたします。


喜多川泰事務局L&Rヴィレッジ