Now loading...

【喜多川泰の本◯塾 第二期】感想

2019/03/23 参加者の声

<本◯塾 第2回 福岡会場 12月9日>

今回は、「働き方を変える」でしたが、今までの考え方(視点)とは違い、働くことはお金だけではないということと、仕事観は親から受け継いで、次世代に残せしていける遺産。今日からまた挑戦する勇気を忘れずに日々生きていきます!今回も有難うございました!!

Nさま 会社員

 

長所と短所の話は、何度となく講演会で聞いていますが、見えざるバランスという考え方は、大人は勿論、子ども達にとっても希望が持てる考え方です。自分の長所は、それを持っていない人が必要としいる人の為にある。短所はそれを長所として持っている人と「仲良くできるアイテム」とは、お互い尊重できて、素晴らしいと思います。

こんちゃん様 会社員

 

「働くということを子どもが意識するきっかけに親の姿がある」ということで、自分を振り返ったとき、私は職場が自宅の近くで、子どもの通学路にあったこともあり、子どもたちは学校帰りに私の職場に寄っていくことがよくありました。そのため、私が働いている姿を直に目にする機会があったので、子どもたちには、百聞は一見に…だった思います。子どもたちがどう受け止めたかは分かりませんが、今日の話をもっと早く聴いていたら、もっともっと伝えられることがあったのかなぁと思いました。これからは、「刻石流水」を意識しながら、仕事もプライベートも過ごしていきたいと思いました。そのためにも感謝の日記をつけてみようと思います。

U.Mさま 看護師・助産師

 

働くとは自分の時間(人生)を使って、誰かの喜びや笑顔に変え、人の役に立つ事。会社のメンバーも働き甲斐ややり甲斐を感じきれなく、苦しんでいる人もいるので、伝えていきます。「刻石流水」わかっているつもりでも、逆をしているケースもあります。気をつけます。メンバーにやってもらいたい事があれば、まず、自分がやって見ます。メンバーへの承認回数を増やします。楽しかったです。ありがとうございました。

ヒロキさま 会社員

 

「チームとして考える」という事に納得させられた。私も職場で同僚に助けられている場面が多いことはわかっていたが、その人に対して、出来ていない事にイライライしたり、嫌な態度をとる事が日々あるなと感じた。「刻石流水」を頭に置いて仕事にのぞみたいと思います。

かんさま 会社員

 

中三の息子さんのいらっしゃる方の質疑応答で「betterを目指す」という言葉が心に残りました。自分も同じ受験生をもっていて、とても勉強になりました。いくら偏差値や順位が上がっても、誰かと比べても意味がない。分かっていながら、順位が下がったりしている子供よりも親が不安に思ってしまっていました。それよりも昨日よりも今日、少しでも成長している自分でいて欲しい。そんな風に昨日を超えられる自分でいられるように、自分も息子と頑張っていきたいです。すぐに変わることを期待しなようにします。

そうままさま 専門職

 

働くことで誰かの役に立っていると感じることで幸せなんだという話は、今、まさに職場で悩んでいる娘に教えてあげたいと思いました。そして、今春から就職する息子にも今日の働き方の話をしたいと思います。自分の職場をチームとして、長所と短所の捉え方を思い出しながら、自分のできることでだれかの役に立てることが感じられる働き方をしていきます!!

ゆうこさま 保育士

 

良い会社、良い組織とは何かを改めて考えるヒントを多くいただきました。長所を見てあげないとと思っても、つい短所(欠点)が気になってしまう。その理由は、「何でこんなこともできないの?」という思いだったように思います。また、自分の意識が変わった瞬間に、何かが変わり始めている、しかし、すぐに変化は見えないから、10年スパンで見る、ということも、すぐに変化を求めすぎていた自分に気づくかっけになりました。よりより会社にするために、常に意識を新たにし続けたいと思います。

K.Mさま 会社役員

 

「見えざるバランス」と言う言葉に、納得した自分がいました。それだけ、人それぞれ、補い合いながら、バランスを保っているのだと改めて思いました。つい、自分のものさしで相手を見てしまうけれど、客観的に見ることで視点が変わり、相手への接し方も変わってくるのかなと思いました。

はまこさま 保育士

 

私利私欲を超えたときに奇跡が起こるという話を意識していきたいと思いました。刻石流水もそうですが、そういった意識を持ちたいと思っていた反面、まだまだそんな風にはなれないと反映しています。昨日の自分よりも一歩、進めていけるよう頑張りたいと思います。

じゃりおさま 教員

 

働くことの本質について、働くことで自分たちが幸せに感じる。誰かを助けるものが幸せを感じると聞けて、今までは自分本意で仕事をしていた事に気づかされました。今後は、自分の長所は何かと考えて、それを活かした工夫をして、仕事を行いと思いました。人、自分の働き方、自分の生き方を子供に見せて、父親の背中を見た時に、「かっこいいな。」と思ってくれるような親でありたいと思いました。自分の娘が進路を含めて、自分の人生に生き方の違いが生じたら、良い相談役として、最終的に自分で決断でき量に、色々アドバイスが出来たらと思います。

たっぴぃさま 言語聴覚士

 

大学生のアルバイトの子供達に囲まれて、毎日一緒に働く大人として、これから社会人となる子供達達に伝えていきたい言葉の数々。頭と心でしっかり整理して伝えていきます!!ありがとうございました。

ディマジオさま 飲食店経営

 

自分を磨き続ける、その大切さは分かる。分かるけど、止めてしまう甘い自分も存在している。でも、やはり続けたい…この間で生き続けていました。「誰かの為に」「長所を必要とする全ての人のために」自分自身を律して、磨き続けます。本当にありがとうございました。

たいっちゃんさま  人財育成

 

日々の学級経営や部活動での指導と重ねながら、お話を聞かせていただきました。新たな発見や次はこうやってみようというアイデアをいただけました。毎回のことですが、あっという間の時間で、たくさんエネルギーを蓄えることができました!ありがとうございました。

Y.Fさま 教員

 

今、仕事が辛くて仕方なく感じており、刻石流水の逆の生き方をしていたと強く感じました。児童虐待の初期対応をしていますが、何が正解で、何が幸せか分からなくなっていましたが、時間軸をずらし、未来の子ども達の幸せな姿に少しでも貢献できるよう感謝の心で日々挑戦していきたいと決意できました。このような場に参加でき、本当に幸せです。ありがとうございました。

りんごさま 公務員

 

いつも楽しく面白いお話をありがとうございます。今の自分があるのは、周りの助けによってだということを改めて考えさせられました。いまの恵まれた環境に感謝しつつ、今日1日を生ききります。

F.Aさま 自営業

 

一日の大半を過ごす仕事の時間についてのお話はやはり聞き入ります。自分の働く姿が、次の世代の働く原動力になる。この考えは大きい価値観のシフトです!

美幸さま 会社員

 

「働き方を変える」~働くことで本質と出会う~自分のこれまでの働き方、これからの働き方をもう一度振り返り、これからの自分の人生の生き方を考え直すことにしたいと思います。自分自身を見つめ直し、自己理解を深め、行動に移したいと思います。その姿を周りの方の喜びや笑顔にできるよう意識して働いていきます。

あないぬさま 会社員

 

本日は代理出席で娘と受講が出来ました。明日からまた仕事…行きたくないと言う我が子に何と言葉をかけたらいいのだろうか、と思っていたところがでした。子育てから働き方まで、本人なりに受け止めていくれたと思います。好きな事を仕事としてもっと広めたいと思っていた自分にも、受けた恩をしっかり心に刻み、もっと誰かの役に立つ生き方をしたいと思いました。本日もありがとうございました。

きくりんさま パッチワーク講師

 

「働く」と言うことについて、もう一度考えるいいきっかけをいただきました。「刻石流水」できませんね(笑)。与えた恩に対し、見返りをどこかで期待している自分がいますもんね。まだまだです。ある人から人の為に動いた数が少なすぎるから、そんなことを考えるんだと言われたことがあります。覚えきれないほど、人の為に尽くせば、頭に御礼を言われると、すごく喜びがますよ、と。なるほど、与える思いの数が少ないんですね。

とっきぃさま 教師

 

「働き方」…いまの仕事をしていて、本当に幸せを感じている日々を過ごさせてもらっていますが、今日の話を聞いて、さらにワクワクする方法を教えていただきました。喜多川先生が伝えてくださるので、スーッと入ってくるのだと、毎回お会いするたびに思います。いつもありがとうございます!!

となりのトントロさま 教員

 

「働き方を変える」~何のために働くのか?ありたい自分は何なのか?を今一度、自問自答していきたいと感じました。本日もありがとうございました。生きる力を育てる教育。働き方を残す、かっこいいと思われる残し方、素敵な考え方で共感しました。

ふかっちゃんさま 公務員

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10