Now loading...

【喜多川泰の本◯塾 第三期】感想

2019/09/07 参加者の声

<本◯塾 第四回 大阪会場  7月20日>

マルチステージで生きていける資質を育てる→学ぶことが好きな資質を育てるは、これからの時代、とても大切になってくると教えていただけ、大変良い学びとなりました。又、自然から学び、自然と触れ合うことで、人間本来の姿を子どもに感じてもらうことがなぜ大切なのかも学べました。いつもながら、本当にありがとうございました。私の周りの子どもたちに伝えていけるように自分の中で整理したいと思います。

Kahoriさま 塾講師

 

「生まれ変わった。」「今度は本気!」という中高生と同じように、今もそんな思いを何度も持っては、くじけてしまって、というのが正直なところですが、手紙を書いているうちに「くじけている場合ではないな!」と、また「一日一日を丁寧に生きよう。」という思いがふつふつと湧いてきました。「楽しむと決める。」まだまだできていませんが、それも楽しんで自分を磨いて行きたいと思いました。

SHUさま 小学校教員

 

自分自身が設立した団体に少しずつ仲間が加わっていっていますが、喜多川先生がおっしゃたように「大事にしているものを大事にしてくれる人に入って欲しい」と思いました。2020年の自分に向けて書いた手紙では、自分が今占めている考え方や生き方を改めて認識することができ、気持ちが少し軽くなりました。また、塾の先生として子供と関わる時に、最近はゲーム依存症のような子が増えています。もっと自然と触れる機会を増やすことを大事にして、日々、生徒たちと向き合っていきます。ありがとうございました。

ユウキさま 塾の先生

 

宿題の課題のお話で、本当に相手のことを思いながら作成し、自分で作った物を何度も読み返しました。この経験はとてもとても良い経験になりました。ありがとうございます。毎回とても勉強になります。新しい時代にどう生き、向き合っていくかをとても考えさせられました。自分を磨くことの大切さ、学び、成長しようと思う。挑戦、勇気を持って、今日一日楽しんで学んで、成長していきます。本当にありがとうございます。

Yumi muroさま 主婦

 

頑張れない自分が情けなくなって涙することもありましたが、それは、頑張っている自分と出会いたい、ともがいていたのですね!頑張っている人を見て、羨ましいと思ったのは、自分はもっと頑張れる!そんな自分と出会いたかったのですね。心がスッとしました。本日もありがとうございます。

マッキーさま コンサルタント

 

能力や才能は何かを試すには、無関係という言葉にグッときました。自分自身もそうですが、子供たちも能力や才能が大きく関わっていると思っている子が多いと思います。その感覚を少しでも、性格や人間性を磨くという方向で伝えてあげたいと考えました。これから、どんなことを磨いていくのかを考えるきっかけをいただきました。

じゃりおさま 教員

 

新しいことに挑戦するときは、心配や不安な気持ちがとても出てきてしまいます。そんな時でも結果を出すことだけが全てではないと思えば、一歩踏み出すことが出来る。本当にそう感じました。新しい出会いがあるからこそ挑戦することに対して楽しみながら勇気を持って一歩踏み出したいと思いました。

kayaさま 教員

 

過去の事を後悔したり、未来をムダに憂うのではなく、「今」を一生懸命生きる事が大切だと学ばせて頂きました。人は思考が全てだと思いました。本日も素晴らしいお話を聞かせて頂きありがとうございました。

むろやんさま 会社経営

 

今日も楽しい時間をありがとうございました。回を重ねる度に、学ぶ楽しさが増している自分が嬉しいです。「Work」が行動を起こす…カンフル剤になっています。最終回も楽しみに日々漸進したいと思います。

まっちゃんさま 会社員

 

前回の宿題を通して、人を喜ばせるためにする行動は、苦にならないということに気づきました。喜んでもらえたらいいなと思うと、こちらも楽しい気持ちになって取り組んでいました。本日の講演でも色々な気づきをありがとうございました。結果がどうなるか、分からなくてもまずは行動することが大切。その行動の先に出会いがあり、可能性が広がるということを聞かせていただき、行動することの大切さを学びました。自分の思いを信じ、行動していこうと思います。

Rikaさま 教員

 

気づけたことがあります。私の使命でもある、何でもない、でも大切な日を実現する叶えるために努力し、会社経営をしています。会社を大切にしたい、仲間もを大切にしたい、人を大切にしたい、その中まで良いものをつくり、つくったものを喜んで頂き、喜んでいただいた方から純粋に愛を受け入れる「丁寧に一日を過ごす」本当の自分に会いたいから頑張る、なりたい自分を見つけるために頑張る。そんなことを見つけた時間でした。ありがとうございました。

M.Iさま 経営者

 

人と情の話。もう何回目だろうかと思いますが、聞けば、聞くほど深まります。僕はこの一年、糸に手をかけないように過ごせたか? ずっと自分に問うていました。起業して、今月24日で一年になります。だからこそ、先生の言葉が響きました。「過去の後悔をやめる」「過去と未来を切り離す」「今を楽しむ」「今に集中する、それが挑戦するということ」「その人だけが未来を想像することが出来る」…本当に響いたんです。一年間続けたからこそ未来を作れた。その作った未来に今、生きている。だったら今、どう生きる?ちゃんと生きているか? そう問えば問うほど、やっていこうという気が湧いてきました。ありがとうございました。

たいっちゃんさま コンサルタント

 

「やりたいこと」が「やらなければいけないこと」に変わってしまっていることが理解できました。自分の為にすべき役割、自分の「力」を信じて、学び続けて人間性、性格を磨き続けます。

T.Nさま 自営業

 

年齢を重ねていくと、だんだん挑戦しなくなっていく。失敗を恐れ、無難な方へ…と、どうでもいい見栄や体裁のために。でも、生命には限りがある。自分の信じるもの、心を揺さぶられるものの方へ挑戦していきたいと思う。そして最後に生き切ったと言いたい。

89さま 会社員

 

「縦社会思考」という言葉が印象に残りました。自分も教師になるキッカケが「現在と未来をつなぐ」という志のもとでした。昔の人が、何を思い、何を残してきたのか等、初心にかえることも出来ました。「文化、どのステージにも必要な資質、朝鮮」また、学校が始まったら子供たちに伝えていきたいです!!

のばさま 教諭

今やりたい仕事をしていて、環境も良く、心は元気なのですが、やらないといけないことが多すぎて体が疲れています。このままでは、いつか心まで疲れてしまいそう…と思うこともあります。でも、今は毎月本◯塾に来ているから、リラックスする時間をつくれています。オーバーワークしすぎないように、新しい自分の発見をするために、向き合いたいと思います。半年後の自分に対して手紙を書けて良かったです。きっかけをいただきありがとうございます。

Hikariさま 人事

 

喜多川先生の一番最初の講演会の話に感動いたしました。希望する場所の横浜開港記念会館での講演は、実現したものの聞きに来られた方が11名(そのうち一人が江藤さん)だった。2階席まである会場であれば、普段なら講演会中止か会場変更を余儀なくされることでしょう。しかし、先生がいつもおっしゃられているように、短いスパンで見たら失敗と思えるようなことでも、長いスパンでみれば失敗などないということがリアルに伝わってきました。その講演会にきていた方がラジオのMCでラジオの出演が決まり、そこから人脈がどんどん広がっていく。11年後にはチケットも売り切れとなる人気講師として活躍されているわけですから。そこでやめてしまったら、繋がらなかったご縁ですね。乗り越える勇気を頂きました。ありがとうございました。「何かに挑戦したのなら、成功も失敗もない全てベストな結果なんだよ。」

ゆうこりんさま  教員

 

「出逢いしか、可能性を広げることは出来ない」「動かなければ、何も変わらない」という話を聞いて、「自分ってめっちゃ無限の可能性あるやん」って思った。周りに「自分ってどんな人?」みたいな事を聞かれると、「え?トータルで考えたら、最高の人(笑)」って言ってる。理由は、自分の周りの人達がステキな人たちだから。自分が最低の人やったら、周りにそんなステキな人ばっかり集まらないやろうっていう事で…。だから、周りにそんな素敵な人達がいる自分の可能性は無限大(笑)。ステキな人に出会っているから、これからも沢山の出逢いが欲しくなって行動できる。色々な場所、色々な人に会って、色々な経験ができる。これからもしようと思う。

もへじさま 最高の人(笑)

 

前の時代がどういうモノだったのか、興味を持ちました。何を大切にしてきたのか、それを知ることで今日の日本人を知れるのだなと分かりました。他から(外国から)見た日本人のお話から、普段当たり前に感じていたことが、そうではないのだなという事に気づきました。また、外国の方々の生き方にも興味を持ちました。帰ったら自分が本当に手に入れたい未来を考えて見たいなと思いました。

Nicoさま 自営業

 

「すべての子どもたちは勉強が大好き」と話されて、エー!!と思いました。が、先生の話を聴いていくうちに、決められてた分岐点や評価に対して、勉強がイヤになっているのであって、純粋に学ぶことそのものは好きなのでは?と思いました。挑戦できる土台作りも大切だと気づきました。これからの時代を幸せに生きていたいと心から思いました。自然とのバランスも楽しみながら取り入れいきます。

Akiさま パート

 

なかなか部活に本気になれない生徒が多くなってきて、何で部活しているんかなと思えてくる子がいて、どうしたらいいなかと思っているところでした。喜多川先生のお話の中で本心は頑張る自分に会いたいということがあって、その気持ちを行動に移すことができるためには、どう声かけをすればいいのかなと思いました。自分への手紙、楽しみに待っております。

りかおさま 教員

 

本日もありがとございました!!未来を創造するのが得意でなく、今を全力で楽しむタイプでなかなか前進しない自分がいます!!真剣に未来を考え、挑戦、行動していきたいと思いました!!子供に「ソバニイルヨ」を読んでもらったら、感想が「いい人になれそう」でした(笑)とても嬉しく思います^^

Miyuさま 会社員

 

本当に場が良く、心が喜ぶ時間をいつもありがとうございます。私も32歳、この歳でこの世界観を知れていること、心より感謝します。ありがとうございました^^

牧野さま 会社役員

 

本日もとても貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。以前は言葉の定義を知ろうとする努力は本当に必要なことと思っていました。ただ、最近はその意識が少なってきていて、それを不思議にも思っていませんでした。本日、言葉の定義を揃えることは、文化を知ろうとすることに繋がると知れ、また言葉を大事にしていきたいと思えました。ありがとうございました。

けいさま 理学療法士

 

今日も心が震える本◯塾をありがとうございました。会の前に、ふと、「今日一日を丁寧に生きないとなぁ」と思っていたところ、今日のお話、本当にビックリです。今日よりも明日、もっと一日を丁寧に生きていきたいと思います。バランスが大切というお話もかなり激しく同意できました。自分の中では感じていて、言語化できてなかったことを明確に、分かりやすく説明していただき、本当にありがたいです。私自身も自然に触れる機会が減っていると感じています。これからもっと積極的に自然に触れていたいと思います。

Hondaさま 教育コーチ

 

今日は、前回のワークの宿題について、書いたインタビュー記事が喜んでいただけるか、自分のものがどのような記事になっているのか、ワクワクドキドキしながらのスタート。そこからの「常識を変える」のテーマでの喜多川さんの講義でした。変化の早くなっている新しい時代においては、未来への不安があれば動くしかないし、自分を磨くために、行動する、挑戦することが大切だと改めて、肚落ちできました。50才を越えると、会社にいる期間も10~15年と見えてくるし、80~90才を寿命と考えると、時間が有限だと感じることが多いです。その時間を楽しむためには、学び続けることを実行していきます。

マイウイスキーさま 会社員

 

今日もありがとうございました。中学生の娘がいます。まさしく、「塾に行きたい」と言い出して、夏期講習に行き始めました。その前は、通信教育、小さい頃は絵の教室に通ったりで、やりたいことを始めてもすぐに止めてしまう…「なんて飽きっぽい子なんだろう。しんどくなったら、すぐ辞めてしまう。」と腹が立っていました。今日の先生のお話を聞いて、手に入れたい未来があり、今のままではダメだとわかっているんだと知りました。実はもっと頑張りたいんだと娘のことを少し理解できたかもしれません。

S.Kさま 英語講師

 

今回もたくさんの学びをありがとうございました。〝がんばれる自分は必ずいる‼︎〟がんばる自分に会う為に挑戦し、自分を磨く共に子ども達の見本となり、〝がんばれる自分は必ずいる‼︎〟と子ども達が自分の力を信じていけるように共に色々な経験をし、私も子どもの力を信じていきたいです。

Makiさま 保育士

 

毎回、喜多川先生から学んだ話を子供たちにどう伝えようかという視点で聞いています。しかし、理屈を教える前に、まずやってみる子を育てる、ということを教えていただき、まさにその通りだと感じました。その中で、様々なことに気づけるヒントを伝えていきたいと思います。

男性教員

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10