Now loading...

【喜多川泰の本◯塾 第三期】感想

2019/09/07 参加者の声

<本◯塾 第三回 大阪会場  6月22日>

月に1回喜多川さんのお話が聞けて刺激になります。日々の仕事は、好きな仕事をしているので、楽しいのですが、やりたいこととやらないといけないことが増えて、ついオーバーワークになって勝手に疲れてしまうことがあります。仕事が好きなはずが、急に「なんで自分ばかり残業しているのだろう…」って思うこともありますが、バランスを大事に、早く帰ったり、いっぱい寝ようと思いました。また、喜多川さんの本を読んでいると、心が落ち着きます。いつもありがとうございます。

ヒカリさま 会社員

 

全ては自分の心の持ちよう、気持ち次第である、先生の本を通じて学んだ目の前で起きている自分にとって都合の悪い事は、現時点で不幸と感じてしまうことがあっても、長い人生で考えるとそうではないという事を感じる講義でした。「足るを知る」という心が大切なのであって、今、手元にないものを誰かの責任にして、憂いていても仕方がなく、Just Do it!とにかく行動することが大切だと気づきました。いつも素晴らしいお話を聞かせて頂きありがとうございます。

むろやんさま 会社経営

 

『日本人として「道」を極める』、私たちは「道」のある国の日本人であるというところを意識し、知り、学べる幸せに気づきをいただけました。「Just Do it 」まさにこの言葉通り、今日のこの日を幸せに生きれば、それがいずれ自分の人生となると思います。今の自分を大切に今の自分だからこどできることに一生懸命になろうと改めて思えました。ありがとうございました。

kahori さま 塾講師

 

自分の可能性って何かよく分からなくて、自分がどんな事を得意として伸ばしていけるのか分からないけど、人のために自分を使う事をしていけば、見えてくるものなのかなと思いました。フランスシェフの小西さんにみたいに相手の行動を見て、何を考えているのか分かるくらいまで、相手に寄り添える人になりたいです。

U.Tさま 学生

 

本◯塾は、本当に自分の気づきが沢山出来て、頑張って生きていこうという気持ちになります。毎日の生活の中で、やったら良い事はわかっているのに、条件を探す、正しく私に言われているな~と感じました。Just Do it〝まず、やれ〟理由を探さず行動していこうと思いました。器を大きくする。相手の事を受け入れて相手の立場に立って、行動できる自分に成長したいと強く感じました。今月から保育園でお仕事を始めました。自分と時間をともにする時に、今日、今、この時間がとても楽しかった、幸せだった~と感じてもらえるような仕事がしたいです。本◯塾で学んだことを一つ一つ行動していけるように頑張ります。

yumi  muroさま 主婦

 

本日もたくさんの学びをありがとうございました。「Just Do it いいからやれ!」毎日、自分に言い続けてより器を大きくしていきたいです。今のままで、幸せを感じ、楽しむと覚悟を決めます。そして、相手のために何が出来るのか?自問自答しながら、経験を積み重ねて過ごしていきます。自分の利益を捨てて、相手の立場になって考えて動いていく姿勢を子どもにも見せていきたいです。

Akiさま パート

 

今日はありがとうございました。器を大きくすること。なかなか私も意識していながら、できていないことです。自分の器を習慣的に空にして、相手を全て受け入れること。私には、まだその覚悟が弱いのだと感じました。「傾聴道」をもっともっと極めていきたいと思っています。自分にとって、大変なことが起こったとしても、自分を磨くために必要なものだという認識を持って、自分磨きを徹底していきたいと思います。立体の話もとても楽しく、又、視点を変える上で勉強になりました。インタビューのワークはとても面白かったですが、エネルギーを使いました。今日はいつもより「受け切った」感じがしました。大満足です。ありがとうございました。

Hondaさま 教育コーチ

 

今日も多くの学びを、視点をいただけましてありがとうございます。相手の立場に立てることは、今までの経験によるものが大きいのかと思っており、その能力やセンスが低いと私自身、感じています。(他者と比べてになりますが…)本日の学びの中から、日々の直面する課題を突き詰めていきたいなと思いました。それによって、視点が増えればと感じています。

けい様 理学療法士

 

仕事で大切にしている事、ずっとずっと大切にしていた事で、あんまり人には言っていなかった事を喜多川先生が、力強く、そして自分の上をいく器で伝えられていた事にまた、鳥肌が立ちました。何より、自分が言葉にできなかった思いや気持ちを言葉にされている先生に感動しました。

ウー様 会社員

 

「自分があの人ならどう考えるか」まさに子どもたちに伝えていきたい言葉でした。自分のことだけではなく、相手の立場で考えることはぜひ自分自身も日々大切にしていきたいと思いました。試練や困難があるから自分を磨くことができる。視点を変えて、今日一日を楽しむ事を続けていこうと思いました。とても楽しく、また明日から頑張ろうと思えました。ありがとうございました。

Kayaさま 教員

 

器の大きい人とは、瞬時に自分の器の空にできるという言葉に憧れと自分への戒めを感じました。子どもを指導する立場として、成功体験をさせたいと思うばかりに大人の視点を押し付けてしまっていないかと省みました。自分の器を子どもと向きあうときも潔く空にし、子どもたちが求めてきた時には、いくらでも注ぎ足していくべきだと思いました。先日、面談した生徒が「クラブが自主練が多くて面白くない」と泣きながら言ってました。守破離という言葉を伝えたいと思いました。今は基本の「あり方」を身につける時なんだよ、と。そうすることで破って、離れる、真の道を極める全身に必ず繋がっていくよ、と。本日もありがとうございました。

ゆうこりんさま 教員

 

自分を相手の立場を入れかえて考えられる人が成長につながることが理解できました。誰かのために一生懸命になれる人が誰からも応援される人という言葉、出会った人から応援されるよう精進します。

T.Nさま 自営業

 

今日も、盛りだくさんの一日でした。小西忠禮さんや山下泰裕さんのお話は、何度目かですが、なぜか新鮮に受け取ることができました。相手に興味を持つ時は、瞬時に自分の器を空っぽにして聴くことに徹し、逆に興味を持たれた時は、器の中のいっぱいのものを使い切る。今まで、中々できなかった事なのです、意識して、目の前の方に興味を持っていきたいと思いました。本日もありがとうございました。

マイウィスキーさま 会社員

 

「Just do it いいからやれ」は、本当に震えました。自分に条件をつけているか否か…お話を聴きながら、振り返りました。起業して1年、色々ありました。条件がなかったのに、つけたり、つけていたけど、条件なしにしたもの、その行動と結果に不思議と因果関係があるようにも感じました。「まず、やれ」「やってみろ」、道とはそういう流れが脈々と続いてきたのだと腑に落ちました。人生道、自分道、もし自分自身を極めるとして、条件付きでは無理な世界があることが見えてきました。「いいからやれ」を自分自身に言い聞かせようと思います。ありがとうございました。

たいっちゃんさま  コンサルタント

 

今日も楽しい時間をありがとうございました。講座もすごく勉強になるのですが、密かに楽しみにしているのが「質疑応答」です。生きた声というか…それに対する先生が必死に考える姿。本当に貴重な時間です。ありがとうございます!

89さま 会社員

大きな器の使い方。人の話を聞くときは、器を空に、人に話をするとき、自分の全てを相手にあげる。山下さんの本も読んでみたいと思いました。来週、社長面談があるので、社長が聞かれたいことを考えて、質問してみたいと思います。

あやさま 会社員

 

今日もありがとうございました。自分が動けていないことに気づきました。〝察する力〟のお話がありましたが、隣の方がエアコンの風が当たり寒いことに気づき、ストールを半分かけて下さり、とても嬉しく温かい気持ちになりました。お話とちょうどかぶりましたが、ステキな方と出会えて、嬉しい気持ちになりました。

Makiさま 保育士

 

1つの見え方のうちはそこしか見えてないけれど、違う見え方が出来ると1つでは見えなくなるのは、本当にその通りだとおもいました。つい偏った見方で判断をしてしまうのも自分の次元の低さだと痛感しました。自分の器を広げられるように、Just Do it。とにかくやる!の精神で進んでいきます。相手の気持ちになっていけるように。いつもありがとうございます。

AGUさま 教諭

 

本日もすばらしい時間をありがとございました。この学びを社長へ寄与して大切な人の大切な人、そして、少しでも、多くの人が幸せになれる事を志にして、明日からも生きます。ありがとうございました^^

M.Mさま 会社役員

 

できる限り今をかえないで、何かをやりとげたいと思い人は結局何もしない人っていうのは本当に自分のことじゃないかと思いました。しんどい方を選択できる覚悟ある人は強いというお話がよくあるのですが、覚悟し続けるのって本当に難しいですね。1日区切りでできるように訓練していきたいと思います。

りかおさま 教員

 

心がざわつく時間でした。覚悟を決めて、一歩進むための糧となりました。また明日からが楽しみです。今日もありがとうございました。

まっちゃんさま 会社員

 

誰かと見る未来は、夢になります。その夢は応援されるから叶うんですね。夢を見ること、応援してもらえるようになること。そして、まず、やって見る。Just Do it!ですね!ありがとうございました。

マッキーさま コンサルタント

 

本日もありがとうございました!!先生に出逢えて、学べて、私なりに飛躍的ではないですが、ちょっとずつ成長していると感じています。人間として器を磨き、誰かのために本当に役に立てる人になりたい!!そう感じています。次回も楽しみにしています^^

Miyuさま 会社員

 

色々な意味で「視点を変える」という事を学ばせていただきました。物事であったり、価値観であったり…しなやかな思考を持とうと思いました。そして、毎回共通で出てくる「覚悟」やらない言い訳をつくらず、「覚悟」を持ってできるようにする。それは相手のためであり、回り回って自分の器を大きくすることなんですよね。一日一日を大切に生きようと思いました。ありがとうございました。

M.Hさま

 

今日も具体的で分かりやすく、盛り沢山のお話、あっという間の3時間半でした、先生はこの時間をとっても楽しんでいらっしゃるナ~と。ワークではたった8分で相手の方のお人柄がとってもよく分かり、近くなれた気がしました。宿題、インタビューした方のお人柄が優しく、とっても子供達のことを大切にされているところが伝われば…と頑張って記事にしていきますね。

かあこさま 主婦

 

今日のワークは〝振り返り〟にとっても役に立ちました。覚えているようで(大事にしていたつもり)、いつの間にか軽んじていたことがあるなぁと見直しています。今、職場にある課題のひとつ、ひとつをチームで解決し、次の力にしていくパワーをいただいて、帰ります。ありがとうございました。

よっちゃんさま 公務員

 

本日もたくさんの気づきをありがとうございました。瞬時に自分の器を空にして、より多くのことを吸収できるように気をつけようと思いました。心と頭を柔らかくして人と接する、課題と向き合うようにしていきたいです。本日は、ハードなワークでしたが、ソフトな方はどんなものを考えておられたのか気になりました。

Rikaさま 教員

 

自分の中で、本やTV、その他情報に触れた時に「良いと思ったものはとりあえずやって見る」と言うスタンスでした。今回の話で「Just Do it(いいから、やれ)」を聞いた時、あ、自分のやり方は良かったんやと実感できた。自分の考えと一致することがあって嬉しい。〝瞬時に自分の器を空にする〟というのを聞いた時は、自分が出来ていない部分だと感じました。ついつい自分の知っている事を言ってしまう、知ってる(と思い込んでいる)と相手の話がほとんど入ってこなくて学びがなくなるので注意しなきゃと感じた。

もへじさま 旅人

 

相手のことを考えられた時は人は成長するという個人の心の器や、はたまた、日本人としての生きてきた道、誇るべきもの、そして、忘れかけているものなど、個人と国、そして民族性と違った角度からお話しいていただけたので、自分自身の器も少し大きくなったのかなと思いました。

のばさま 教諭

 

最近、仕事のことで不満があり、「こんなことやって、何のためになるねん」とか、今の職場がわるい、社会が悪いというような見方をしてしまっていたことがありました。でも、その職を選んだのは自分であり大変なことも全て経験になるはず!と思っていたことを思い出しました。それは、喜多川さんの話を聞いていて、自分の器を空にできなかったなぁということ、自分の利益で動いていたなぁということに気づけたからです。今、もがいていることの解決の先に高い次元が待っているのかなってお思いました。

SHUさま 中学校教員

 

今日もたくさんの学びをありがとうございました。「与える側(師)が守るために値するのか」という言葉を聞いて、少しひやっとしました。自分が教師として、子供達が学ぶべき存在であるのかを考えました。子どもたちに「やらなければいけない」と言っていることでも、つい自分がやっていないことが多々あります。教える前に自分が学ばれる存在であることを念頭におき、当たり前のことを続けていきたいと思いました。

男性教師

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10