Now loading...

【喜多川泰の本◯塾 第三期】感想

2019/09/07 参加者の声

<本◯塾 第二回 札幌会場  6月8日>

日々の業務の中で成果が求められることが多いこともあり、今回のお話はものすごく腑に落ちる内容ばかりでした。「成果を求めて行動すると本質から外れる」という言葉が特に印象に残っており、改めて自分自身の仕事に対する向き合い方を考え直してみたいと思いました。何の為に、誰のために、その商品を選んで提案するのかを再度考えて日々仕事をしていきたいと思います。本日もあっという間の時間でした。ありがとう誤字ました。また次月の講座を楽しみに1ヶ月頑張りたいと思います。

M.Kさま 会社員

 

今日も色々なお話、ありがとうございました。喜多川さんのお話を聞いた後は、自分も何か始めたくなったり、頑張ろうと思えたり、もっともっと話を聞きたいと思います。7月、8月、9月、10月もたくさんお会いできることを楽しみにしております。

ともこさま

 

子どもたちと関わる中で、どうしても年齢が上がるにつれて「成果」を求める子が多くなると感じていました。働くこと(子どもの場合は学ぶことでしょうか?)の対価として、得られるものは「手に入るもの(お金など)」ではなく、「誰かの喜び」であることを伝えていけたらいいなと思いました。「教育は永久保障」ということもとても心に響きました。小学生から高校生(時には、大学、社会人も)指導することがあるため、その子がこの先の人生でたくさんの人に喜びを与えることができる人になれるよう、私自身も磨いて行きたいと思います。

S.Mさま 福祉職

 

教師塾実践編の時に「働くとは、自分の時間を誰かの喜びに変えること、誰かの絵がをに変えること」という言葉を聞いてから、仕事をする上での軸になっています。今日、改めて働き方ということでお話を聞き、目指すべきことがわかりました。「あなたで良かった…」と思ってもらえるよう日々努力していきます。1日15分の読書、続いています。

のぶりんさま 看護師

 

本日も貴重な時間をありがとうございます。働くことは好きですが、立ち位置を考え直す良い機会となりました。子どもとおん時間ももう一度見直したいと思います。子どもの才能の開花、話を聞くことについて一緒に考えたいと思います。先月教えていただいた「虚数の情緒」は断念しましたが、「無私の日本人」、最高でした。世代を縦に貫く責任感。濁ったものを清らかなほうに変える浄化の力を宿らせた人でありたいと思いました。ありがとうございました。

アキさま 新聞社

 

「刻石流水:受けた恩は石に刻み、かけた嬢はみずに流しましょう」以前に喜多川さんの本にも書かれていて、そうだ!と思っていたけど、出来ていない自分でした。日々、そう思いながら働こうと思います。そして、相手の立場に置き換えお答えされる人になれるよう、努力です。今日も色々な学びをありがとうございます。

AKさま 歯科衛生士

 

才能を探すよりも長所を誰かのために使うことで生かされる自分の人生があることを価値観としてアップデートしました。自分の幸せは何なのかを改めて見つめ直してみます。

saiさま 会社員

 

人を通して自分と出会う、のところでたまにびっくりするときがある…今まで出逢ったことしかない人に沢山会いたいと思いました。カッコイイ働き方をしたいと思いました。

大田さま 刃物研ぎ業

 

トイレに喜多川さんのカレンダーをおいているのですが、友達がトイレに入った時に、すごい心に響く言葉で感動したといって写真をとって行きました。今日、お話ししてくれた「才能は自分のためではなく、誰かを幸せにする為に開花する、そういうものです。それって素敵じゃない?」という言葉でした。講演会に来てくれるそうです!これを子どもたちに伝えていきたいと思いました。感謝日記をつけていこうと思いました!!今日もありがとうございます。

ゆうこりんさま 自営業

 

成果を意識すればするほど本質から外れていく、ということは、日々の仕事の中で本当にかんんじます。本質とは何か、を考え、求めていくことを忘れずに、子どもたちの長所を伸ばしていきたいと思います。自分も子どもたちも、多面性を持っていることはより意識していく必要を前回、今回で改めて感じました。ありがとうございます。

塾講師

人間性を磨く、難しいですね、何が難しいかというと、昨日の自分よりも少しだけ成長しているか、日々の忙しさに流されてしまっているところもあります。今日は、立ち止まって色々と考えることができました。ありがとうます。

コツコツさま 中学校教師

 

このような講座に初めて参加しました。喜多川先生の話が始まる前の江藤さんの話を聴いただけで、この講座に参加して良かった、期待した通り、いや、それ以上だと感じることができました。実際、期待通りでした。これからの仕事への取り組み方、家族への接し方、小さなことから実践していきたいと思います。ありがとうございました。また次回よろしくお願いします。

公洋さま 自衛官

 

質疑応答の内容が濃く、とても充実した時間でした。メモを書かずに、じっくり聴く大切さを教えて頂きました。全力で聴かせて頂きました!今日もありがとうございました。

こんちゃんさま  会社員

 

「自分の人生を生き切る」…素敵な言葉ですね。生き切りたいですし、「生き切るために、生きています」と胸を張って生きていけるようにしたいです。参加者の皆さんともつながりが増えてきて、とても楽しく学ぶことができました。もう、あと3回…ですが、しっかり学ばせていただきます。「話を聴く」は、今担任している1年生のテーマでもあります。「瞬時に自分の利益を捨て、相手の立場に立つ」…また素敵なヒントをいただきました。ありがとうございました!

Nさま 中学教師

 

偏愛アップを初めて書いたが、具体的なものは出てこなかった。でも考えていてとても楽しく、好きなものが次々出てきたので良かった。「働く」という言葉から受け取っているイメージが変わった(安定 社会性 お金 立場)ただ「何をしたら喜ばれるのか」を求めすぎても評価を求めてしまうことになるので、自分にできることを心を込めてやれるようにしたい。応援することが好きで、応援されることも多くてやっぱり日々幸せ。刻石流水を忘れずに痛い。

あかねさま 会社員

 

「本◯塾」第一回目から、あっという間の1ヶ月が経過してしまい、1日15分の読書はかろうじてこなしていましたが、自分を磨く行動ができませんでした。今日から、感謝日記を早速書きます!ありがとうございました。

ラブちゃんさま 不動産経理

 

これから就職なので、何のために働くのかを最近よく考えていました。自分の考えていたことと同じだったので、背中を押された気持ちです。来月も楽しみにしています。ありがとうございました!

T.Kさま 学生

 

仕事にいかせるような事ばかりでした。相対的に判断することが多いので、変えていきたいと思えました。

小倉さま

 

人に出会わないと、同じ自分にしか出会えないと感じました。子どもたちには、出会い続けること、出会う前に自分を磨くこと、出会ったら、自分の時間をその人の喜びに変えることの素晴らしさを伝えたいと思いあした。まずは、自分がそれをできるようにしたいです。

男性

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10