Now loading...

L&R College 後期第二講座 数 楽

2022/11/06 参加者の声

11月5日(土)L&R College 後期第二講座「数楽」が開催されました。

数学というのは、日常生活にまったく関係ないようで、実は我々のすべてに関わっているものです。その素晴らしさや不思議さ、美しさに触れる機会になればと思います。

何より、時間を使って「数学」を学ぶことほど、人生における贅沢はありません。

あなたもこの贅沢な時間をお楽しみください。

L&R College(後期)を受講されている「大楽生」の方は、第二講座の動画の視聴が可能です。
下記のリンク先に行っていただき、こちらからメールでお送りしているパスワード(郵送させていただいたご案内にも記載されています)を入力していただければ見ることができます。(視聴可能期間は12月3日まで)

やむを得ず欠席された方だけでなく、参加された方も振り返りなどにご活用ください。

【動画】L&R College 後期 第二講座「数楽」

受講された方の感想
(※ ネタバレも含みますので、これから動画にて受講される方は受講後に読まれることをオススメします)

📜📜

今日もありがとうございました。

数学おもしろい。講座が終わった瞬間に思いました。

こんな風に考えたこと、なかったですね。

あなたの可能性は有限である・・・

有限の中には必ず無限が潜んでいると言うことを学んでから聴くこの言葉、響きました。

自分の身近にある繋がりの向こうの拡がりを、感じて生きていきます。

ありがとうございました。楽しかった~~~。

TYさん

📜📜

「受け入れる」大切さ、素敵です。

「有限の中に無限が潜んでいる」なんと美しい響きなんでしょうか。喜多川さんの数学愛、そして美学を感じました。「いろはうた」も漢字で見てみるとロマンがありますね。

今日もありがとうございました。

KMさん

📜📜

「数学」と聞くと頭や心の中で勝手にドアを閉めてしまうような苦手意識があったのですが、これまでとは違う新しい扉が開いた感覚でした!

宇宙、有限と無限の関係、人間の可能性を拡げるあり方や考え方にまでつながっていくんだなぁとただただ驚愕、感動、歓喜です。

前半のお話が「よくがんばりました」の中身につながっていて、いつの間にか物語の世界の中に少しだけ足を踏み入れることができていたんだと分かった時に湧き上がってきた、静かでワクワクする喜びの感覚。それをかみしめながら改めて本を読もうと思います。

今日も本当にありがとうございました!

KSさん

📜📜

自分が学生時代に数字に関してこのような価値観を持つことができていたらと喜多川先生のお話を聞くたびに思います。学びが楽しいと思える。そんな授業を自分ができるようになりたいなーと土曜日の朝から背中を押していただきました。驚愕の有限。有限の中に無限が必ず存在する。私たち人間が持つ力、自然が持つ力共にとてつもないということがわかりました。自分の周りにある当たり前を違う角度から見られる、そんな生き方ができるように学び続けていきます。ありがとうございました!!もう一度動画で復習します!本の中の世界を感じさせて頂きありがとうございました!

TAさん

📜📜

数楽!

どんな話なのか楽しみにしてました。

数学は比較的好きなのですが、数学とは論理的な要素が必要だと思ってました。しかし、そうではないということがわかりました。和の心や受け入れる心など、心的なことが必要なんだと納得しました。

今日の内容には、ただただ関心しております。これ以上言うことはありません(笑)

ありがとうございました。

NSさん

📜📜

数の楽しみ方を味わう時間になりました。

人間の驚愕な力を目の当たりにした気分です。

考え続ける、あきらめずに取り組み続けることがどれほど可能性を開くのか、その大切さに気づきました。本日もありがとうございました!

GKさん

📜📜

有限が驚愕の世界ということがよく理解できました。その驚愕の有限の存在である我々人間の可能性が無限であること、自分の可能性を信じていこうと素直に思いました。ありがとうございました。

NMさん

📜📜

数楽を学ぶことによって、自然や文化、心、そして人との繋がりや出会いの不思議さを感じずにはいられませんでした。そして、今ここに生きる感謝と歓喜にもつながりました。本日もありがとうございました。

TNさん

📜📜

学生のころは数学が呪文のようで本当に苦手でした。142857を電卓を使いながらびっくりしたり楽しかったです。昔数学が苦手だったのは、「その前提どういうこと??」にひっかかって受け入れられなかったんだなと思いました。大人になってからの数学のほうが面白い!と感じました。こどものころより私自身が受け入れられる私になっているのかも!と思ったら嬉しかったです。今日も楽しい講座をありがとうございました。

KTさん

📜📜

数学は正直好きではありませんでしたが

今日の講座をきいて、数字の「有限」「無限」について

知ることが出来ました。

「142857」のお話を誰かにしたくなりました!

有限の中に「無限」がある。

日本人の文化の根柢が木の文化の丸太からの発想になる

ということがすごい感動でした。

「7」はぐるっとまわってもとに戻る。

ラッキー7だけでなく、大事にしたい数字だなと

思いました。

最後にお話しされた私たちの30代前の祖先は

重なっていたというのはすごいことに感じました。

そう思うと、ホント人類皆兄弟ですね。

また次回の講座を楽しみにしています。

本日はありがとうございました。

AMさん

📜📜

142857の数字の出会いを劇的にする編集力、さすがだなと思い、学ばせていただきました。想像すること、受け入れること、同じですね。無限がわかっているから、想像できるし何でも受け入れられるのかもしれません。とにかく、この世の中はわからないことというか、面白いことだらけ。何のために数学を学ぶかの考え方の一つがわかったような気がします。つい2週間くらい前、担任している中3の生徒が、「何のために数学を勉強しているのかな」とつぶやいていたのでした。私の考えを伝えていましたが、今日のはすごいです。ありがとうございました。

OEさん

📜📜

142857・・・不思議すぎて,喜多川さんが言われたとおり「ありのままを受け入れる」しかありませんでした。そして,そのようなことに対して素直に「すごい」とか「おもしろい」とか思えることが,「起きたことを楽しむ」心持ちに通じるのかなと思いました。次回は仕事のためリアルタイムで参加できませんが,アーカイブでの視聴を楽しみにしています。

OYさん

📜📜

嘉人さんが受けた授業を受けることができて、感激です。

納得しないと受け取れないと思っている自分がいます。

それじゃあ、苦しくなりますね。

数学から柔軟な考え方、受け入れることを学べるなんて、

面白さを教えていただき感謝です。

ありがとうございました~!!

YSさん

📜📜

今日もありがとうございました。 いろはにほへとの 組み合わせがそんなに有るとは・・・・、驚きでした。 有限の中の無限・無限の中の有限 自分の考え方に柔軟性を持たせなければと思いました。 数学は 宇宙共通 数学って面白いですね。

GTさん

📜📜

数字・数学のもたらす奥深さを実感しました。まさか和に繋がるとは。と書いてもしや輪のほうの輪なのかな?喜多川先生の講義でものすごく学んだ気になっているけれど、その先、歩いてみたいと思います。でも、冒頭で話されていた「来世でがんばる」はちょっと気持ちが楽になる考えなのかな~なんて思いました。

YTさん

📜📜

本日も数楽の講座有難うございました!

新刊『よくがんばりました。』の135ページの解説、貴重な講義でした。

Ladybirdと僕の6日間、7日間だったらの下りとてもお腹を抱えて笑いました。

まさに数字を楽しんだ2時間でした!!

有難うございました!!

TMさん

📜📜

本日も素晴らしいお話ありがとうございました。

「よくがんばりました。」に出てくる授業の一部を解説していただきありがとうございました。

学生時代のこんな数学の授業が今日の内容だったら、もう少し好きになっていたと思います。

有限・無限 数には驚愕の力があるのですね。

次回の講座も楽しみにしています。

MJさん

📜📜

今日もありがとうございました。 数学は自然と密着していると感じました。 周りを見渡せば有限・無限が溢れてるのですね! そう想えば親しみを覚えます。 自然の法則をワクワクしながら受け入れます。 

HSさん

1 2 3 4 5 6 7